フォト
無料ブログはココログ

種々雑感

2024年1月 8日 (月)

『新年』 ~ 天災と人災と・・・

怠け者なので大晦日に賀状を書きなぐってやっと投函。年が明けたとたんに、天災と人災が起こって、賀状どころではなくなった。

日常がラインやメールなどが主流になると賀状の新鮮さが失われつつあるけれど、もらってうれしい賀状もあるし、滅多に逢わない賀状繋がりの人もいるから・・。

心のこもっていない賀状も多い。会ってもいないお世話もしていないのに「昨年は大変お世話になりました」という文面印刷だけ、連れ合いのこと知らないのに夫婦連盟、「XX歳になったので今後賀状をしつれいします」という絶縁状的なもの。そいう類とは積極的に決別したいと思う。所詮人間は孤独なのであるから。

 

Img_20240104_104803_resized_20240108_110

コロナでしばらく疎遠になっていた友人宅へお邪魔した。ご主人の趣味の生け花も立派! 同居されていたご両親は鬼籍に入られて会えなかったけれど、愛猫は14歳になっていた。

Img_20240103_182237_resized_20240108_110

生後4か月の頃、数日我が家で預かったことのある猫のしんちゃんは人間でいう古希を迎え、木登りはしなくなったという。相変わらず可愛いくて触りまくった。

Img_20240108_110052_resized_20240108_110

ジュエリーデザイナーのNさんからは毎年手の込んだ賀状が届く。今年はタツノオトシゴのおなかから糸を引っ張るとくす玉のように子供が沢山生まれ落ちた。  なんというアイデア!!

作品群は特別ファイル。いずれ展示会を開きたい。

 

2023年12月31日 (日)

『年末年始』 ~ 不安

毎年の師走年始の時期が苦手。 お節料理も作らないし、特別大掃除もしないのだが、周囲がわさわさして、デパ地下やスーパーが大混雑。おまけに物価倍増!   

何よりも精神的に不安なのは病院の閉鎖である。 救急病院に行けばよい!と簡単にはいかない。

250pxw_sahuran4111

     サフランの花

紅白やお笑いも興味ないから、食欲を抑えながら収録画像を観ることにしよう。  

早く三が日 が終わり、日常が戻ってくることを願うばかり。明日の夜は恒例のウイーンフィルのニューイヤーコンサートが実況中継される=ささやかな楽しみ。

平和な年になりますように (⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

 

 

 

2023年12月29日 (金)

『乾燥の脅威』 ~ 火事

12月25日

穏やかな真昼に、けたたましいサイレンが鳴り響いたので窓を開けた。 川を挟んだ向かい側にもくもくと黒い煙が立ちのぼっていた。

Img_20231225_102703_resized_20231227_120

川向うということで、安心はしたものの・・・路地の多い住宅地。 

Img_20231225_105331_resized_20231227_120

なかなか消化活動が見えない。野次馬も集まって来た。

Img_20231225_105353_resized_20231227_120

屋根から火が出ているのに、消防車(20台も)が来ていたのに、一向に放水されない。消防士たちは慌てふためいている。 なぜか? 送水口が見当たらなかったからだと後日聴いた。いつもは大雨の氾濫を恐れている目の前の川は枯渇寸前。延焼家屋は5棟。

ハワイ島の火事、世界中で山火事が起こっている。乾燥は恐ろしい被害をもたらす。皮膚の渇きもさることながら、部屋のミカンもシワシワ。

 

Img_20231229_102435_resized_20231229_112

わがマンションも2年前の12月、穏やかな日の昼中、失火した。幸い送水口が設置されていた。 散歩しながら送水口を探してみたが、なかなか見つからない。消防法はどうなっているのだろうか???

隣家との隙間が狭い日本の家屋、実は危険が身近にあるということを改めて思い知った。

● 火を使う場所に燃えるものを置かない

● コンセントの埃に注意

● 睡眠時もすぐ飛び出せるように、靴下上着など枕元に・・・等々

 

2023年10月15日 (日)

『孫』 ~ 生き甲斐か趣味か?

クラシック音楽が趣味であることを公言していた小泉旧総理は現役中は無知であった原発を勉強し、しばらく「脱原爆の講演」であちこち行脚していたらしい。今ではそれも飽きたのか?目下の趣味は「孫」であるとのこと。孫の可愛さに目覚めてしまったと、ぬけぬけと公言する老政治家のセンスを疑う。

確かに人間の子供でも動物の子供でも可愛いと思う。しかし孫愛というのは自分のDNAを受け継いで存在しているのが何より心地よいものなのかもしれない。 孫をかなり可愛がっていたわが兄は「他人にとって孫話ほど退屈な話はない」と言い切っていた。

孫もあっという間に大人になる。ジジババへの忠誠心など続かない。どんな大人になるのかが問題。

Img_20231013_110810_resized_20231013_111    Img_20231013_111156_resized_20231013_111

(老姉の孫句)

孫には深入りせず、ほんわかと愛を注ぐのがはた目にも微笑ましい。

ペット自慢や子供自慢先祖自慢・・・と自慢話が得意な人もいるが、自慢話は退屈!

 

 

 

 

2023年9月 3日 (日)

『得体のしれない液体』

このところ、住宅設備のあちらこちらの故障や劣化が甚だしい。業者にはもう寿命ですね~と言われ、見積書が提出される。修理しないわけにもいかず数日前も台所の蛇口交換。シンク下から現れたものはソースのごとき、旧果実酒のようなもの。瓶にはYWCA11月とメモ書きがある。

誰に貰ったのか・・・・まったく記憶にない。少なくとも15年ぐらいは経過していそうである。  

もう一本は記憶にある、「ウェルダーフラワー」メイドイン オーストリア・賞味期限2013年とある。 透明な液体だったのに、もはやソース色!

Img_20230902_195529_resized_20230902_102

 

冷蔵庫には紫蘇ジュースとか梅干しとか年季の入ったものの在庫もあり。夏が終わったら、もっと小さめの冷蔵庫に買い替えようと思っているのだが、入れ替えが億劫である。大きければ大きいほどモノを詰め込み、取り出せなくなってくる。 これも断捨離というべきか? 自分の寿命も考えねば。

 

 

 

2023年7月12日 (水)

『ヨレヨレの向日葵』 ~ 猛暑

片付けをしなければ・・・と思いつつ高湿度の猛暑に見舞われて、なかなか身体も頭も動かない。 こんな時には子供時代の雪の日が懐かしく想い出される。それなりに辛かったはずなのに・・・。

Img_20230712_180424_resized_20230712_101Img_20230720_114054_resized_20230722_092

 

朝晩の水遣りで命をつないでいる元気だったミニ向日葵さえもヨレヨレ。今年は特に猛暑なのかも、それとも自分もヨレヨレなのかも・・・ 秋が待ち遠しい。

 

 

 

2023年6月19日 (月)

『梅雨の月』

6月は確かに梅雨。猛暑の前の蒸し暑さで体調を崩しやすく、不人気の季節であるが、自分の生まれ月でもあり、年を重ねる月である。

Img_20230617_1135512_resized_20230618_07

山形は鶴岡在住の学生時代の友人が毎年枝豆を送ってくれる。それがとってもおいしいのだ。

 

Img_20230619_112600_resized_20230619_113

ふくしまの姪からは「サクランボ」が届く。やはり、とってもおいしい。

Img_20230611_181521_resized_20230618_075

手入れの行き届かない我が家の花壇には、かなり前から「蛍袋」が咲くようになった。子供のころから馴染みの深い田舎の植物。とげのあるバラより好き。

お月様はなかなか顔を見せてくれないけど、除湿器付けて頑張るしかないですね。

 

 

 

2023年5月26日 (金)

『ベテイちゃん』 ~ 気が付けばマリリン・モンロー

知人の経営する中野のカフェ「奥の扉」には、マスターがアメリカから連れて来たという、こんなにチャーミングなベテイちゃんが居るのです。

頭をなでると首を振って歓迎してくれます。 会いたいのでまた行こう、と思うけれど。なかなか行けません。

 

Img_20221108_161913_resized_20221201_024

写真を見て、やっと気が付きました。顔以外はマリリンモンローだったのです。マスターが一目ぼれしたのがうなずけます。

 

2023年5月21日 (日)

雨の日の『子規庵』

鶯谷から徒歩数分、路地をウロウロして、念願の子規庵をやっと訪ねた。

Img_20230513_113214_resized_20230514_100

こんな玄関は子供時代にはよく見かけたので、懐かしい。 この玄関からは多数の著名な文豪たちが出入りしていたらしい。たった二間の狭い座敷によくぞ集まったものだと感心する。(正岡子規:1867~1902)

Img_20230513_105431_resized_20230514_100

この部屋で庭を眺めながら、闘病しつつ創作を続けた。この机の四角い穴が気になった。火鉢を置いて手をかざすための穴か? 実は、結核性脊椎カリエスで正座のできない左足を立てるための、特注机のレプリカだという。(本物は隣の文庫蔵に保存)

この机にしがみつきながら、「病臥六尺」を書いたという。

Img_20230513_112337_resized_20230514_100

今年の糸瓜の苗がすくすく育っている。

Img_20230513_113054_resized_20230514_100

大正12年、関東大震災で家屋傾くが、保存会により、改築。其の後、大空襲にて焼失したが、文庫蔵は残る。 昭和25年、門人等の尽力により、ほぼ当時のままに再建。

残念ながら、令和の今日、周囲にはギンギラギンの御休み処が所狭しと目に入る。そのうちに、この「庵」も明治村に移転されそうな気がする。コロナ後はボランテイアも集まらず、運営困難な状況であるらしい。

Img_20230513_105458_resized_20230514_101

母と妹に看取られながら病魔との壮絶な戦い。

 首あげて折々見るや庭の萩

 

 

2023年3月 3日 (金)

『弥生三月』 ~ ミモザ咲く

急に暖かくなった。もう3月なのだ。

ここのところご私的にご難続き。

● 水撒きホースが寒さで破け、目下バケツ使用中。

● ガス給湯器が作動せず、修理マンを呼んだら17年も使用しているので部品がないかも・・・また壊れますよ!買い替えたほうが良いとのこと。買い替えようと思ったら、なんと製品の在庫がない!という。3か月~6か月時間がかかりますよ。

とにかく部品(外国製)の供給ができないのです‥‥と。

開いた口がふさがらないとはこのことだ。

いつの間に、日本はモノづくりからかけ離れてしまったのだろう・・・さしあたって、風呂は近くのジムで、食洗はお湯を沸かして対応。子供のころはこんなもんだったと、タイムスリップした気分。

 

Img_20230303_103303_resized_20230303_104

気が付けば、庭には、数年前に植え、咲くのをあきらめていたミモザが咲いている。 チューリップも目を出している。

 

Img_20230221_111809_resized_20230221_023

今年は手のひらサイズのミニ雛と桃の花の代わりにミモザを飾った。

今や、お雛様がどんどん捨てられ、老舗人形店も倒産や縮小を迫られているという時代。果たして日本は貧しくなったのか豊かになったのか?

より以前の記事一覧

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29