フォト
無料ブログはココログ

種々雑感

2020年7月 5日 (日)

『壊れたア!』 ~ 眼鏡とカメラ

愛用のカメラが突然動かなくなった! デジカメ時代になって、一眼レフは荷が重いと、10年前、カメラ通の先輩に薦められてその気になって購入した。 手のひらサイズではないけれど、程よい大きさで満足していたので、ショック!

Img_20200614_135510_resized_20200615_121

早速、メーカーのサービスセンターへ持ち込んだ。ボデイは正常ですが、レンズが壊れています。すでに製造ストップして7年経過なので、修理はできませんとの哀しいお言葉。 アマゾンで同種レンズを購入、手元に届いたのでセットするや同じ症状! またまたサービスセンターに駆け込んだ。やはり、稼働しない。

Img_7088

代替えとして新製品小コンパクトのGM3を紹介された。値段も高い、バッテリーも高い、ズームが効かない・・・・。最近はコンパクトデジカメはスマホ性能に押されて、販売は減速らしい。  確かにスマホは便利、スナップなどは十分事足りる。  それでも、手に馴染んだGXRを捨て去るのは気が引ける。 再度、アマゾンに挑戦。やっとまともなレンズをゲットした。  しばらくGXRと付き合えそうだ。

 

眼鏡愛用歴20年

若いころから、左右の視力差が甚だしく、眼精疲労防止のため、あつらえたのだった。今や、眼鏡なしでは生活不可能になった。 不眠症気味で、入眠剤を服用することが多い。 眼鏡をかけたままうとうとして椅子から転げた。 気が付くと眼鏡が負傷していた。この眼鏡も10年経過している。

そうだ、あの10万円で新調しよう!と思ったのだが、昼の街へも出にくくなってまだ実現していない。

Img_20200614_140232_resized_20200614_020

これじゃ、修理はできませんよね。 そのうち、パソコンやら家電などが次々と壊れてきそうだ。

 

2020年6月17日 (水)

『大変だア』 ~ クーラーから水が

今年も冷房の出番が近い。 フイルターの掃除は時々しているのだが、かなりの埃が奥までたまっている。 プロの清掃を依頼すると、コロナのせいでなかなか予定が組めないのだとか・・・。 やっと来てくれた。ナント、女性が一人の若者を従えてやって来た。なかなか感じが良い。

作業終了! ご苦労様!と帰って行った。

Img_20200603_143100_resized_20200614_020 Img_20200603_142841_resized_20200614_020

ところが、しばらくするとポタポタと水が室内に落ちているではないか・・・。 作業員は即ユーターン、されど水漏れ解決せず。ドレインが詰まっているらしい。 メーカーに依頼し、翌日、詰りは解決!

今日も暑い! 冷房がありがたい、クーラー無しには生きられなくなった自分を発見。

 

2020年6月12日 (金)

『イスタンブルの遠花火』 ~ コロナの時代

 

世界中がコロナコロナで大騒ぎ、外出禁止令の続いていた大都市、イスタンブルに住む友人から夜景写真が届きました。 いつもあいさつ代わりにハグし合うのに・・・モスクにも行けない・・・自粛ではなく、禁止なのでした。 

 

1591607847040

静かな街にドーン、ドーンとボスポラス海峡に上がる、遠花火の音が聴こえる。窓越しに、見ていたのでしょうか。

 

 

2020年6月 1日 (月)

「コロナウイルス・ヘア」 ~ 東アフリカ

今日から6月、今年の春は瞬く間に駆け抜けた感じ。世界中にマスク顔が溢れ、見えない共通の敵に悩まされている。

Img_20200525_112142_resized_20200527_090 Img_20200525_112127_resized_20200527_090

photo by alpha

感染拡大の影響で、東アフリカではかってはやった髪型が再注目されているとか。料金が手ごろなその髪型は、ウイルスの形を連想させ、感染の危機についての認識もたかめられるとあってケニアの首都ナイロビのスラムにある美容院で人気だという。確かに、写真で見るウイルスの形と似ています。

 

 

2020年5月23日 (土)

チョット待って!

子育て中の若い友人は日中、一対一で2歳児と向き合っている。やっと16回目で保育園が見つかって、これから働く予定が、勤務先も保育所も閉鎖されて、いくら可愛い我が子でもお互いにストレスになってしまうとか。それでもパパが早く帰宅するようになって、子どもにとってはウレシイこと。

 

 1590042054120

                                                              photo by Natsuki

外に連れ出すと、あっという間に駆けて行ってしまうので、あとを追うのが大変とか。 コロナ時代に子供時代を過ごす運命になろうとは、想定外でしたね。 若葉風が優しく親子を包んでくれますように。

 

2020年5月 9日 (土)

世界を駆け巡るマスク不足

マスクがこんなに騒がれたことはなかったのではないだろうか? 日本の場合、春先は花粉症除けのマスク顔が目立つ。マスクを付けている人の多さに驚いた外国人から、彼らは伝染病なのか?と質問されたことがあった。 今や、世界中がマスク顔。

 

Img_20200509_130912_burst001_cover_resiz

いざとなったら自分で作ろうと思っていた矢先、昨日は友人からいろんな柄といろんなデザインの、ハンドメイドマスクが送られてきました。 ネットでも、いろんな型紙が投稿されています。

Img_20200509_130729_resized_20200509_011

マスクの間に袋を作って、ローズマリーの生葉を入れるというアイデアを真似てみました。 爽やかな香りが、コロナを避けてくれそうです。コロナの時代は長引きそうなので、マスクも洋服の色と合わせたり、アクセサリーとしても楽しみたいですね。

Img_20200506_102530_resized_20200509_011

マンションの庭の隅っこに、スズランが咲いていました。もうすぐ夏が隣までやってきす。夏用のマスクはどんなのがいいかしら?

 

2020年5月 1日 (金)

蝶が倒れていた

ベランダに蝶がうずくまっていた。かなりきれいな羽根なのだが、左端が切り取られたような感じ。 さて、救急車を呼ぶわけにもいかず、水をあたえたら、しばらく羽根を広げて、動いていたが、遂にご臨終。

Img_20200429_114037_resized_20200429_033

果たしてコロナに感染したのかな?せめて花壇の中で倒れればいいのに・・・と思ったのだが・・・。

 Img_20200429_114006_resized_20200430_021 

気が付けば、右手にはクレーンが稼働し、いつの間にかビルが・・・優良〈有料)老人ホームらしい。確かに、老人収容施設不足ではあるけれど、果たして年金額で入所できるのだろうか?

Img_20200429_114020_resized_20200430_021

左手には10年ほど前、オープンした大学付属病院がある。好都合なのかもしれないけれど、老人患者ばかりだと利益は追及できるのだろうか?我が家からも嘗ては富士山が見えたらしい。 

この辺りは、一面畑だったのだ。 便利さと引き換えに地球から消えて行くものがいかに多い事か・・・地球のサイズは変わらないのにどんどん狭くなっていく。 私が生きている間にコロナの収束はしないだろうと先輩の友人は言った。

 

2020年3月30日 (月)

春の雪

朝、起きてみると、春の雪かコロナ雪か・・・久しぶりの牡丹雪が積もっていた。ビショビショで雪だるまを作るほどでもないが、転倒するには十分滑りやすい。 恐る恐る歩いてスーパーまで行った。 益々暗~い一日。せっかく咲いた桜も震えている。

 

Img_20200329_102629_resized_20200329_103

オリーブの木の下でチューリップが咲き始めていた。

Img_20200325_092934_resized_20200325_090

金雀枝の黄色が明るい。

 

 

2020年3月26日 (木)

今年も桜は咲いたけれど

不要不急の外出は控えるようにとのこと。無職の身だからそれほど困らないけれど、連日テレビにしがみついていると不安が募るばかり。9年前の放射能が降り注いだ時と同じムード、それも今度は世界中を巻き込んで、逃げ場がない。

Img_20200325_160210_resized_20200325_090

今年も我が家近くの川沿いに桜が咲いた。

 

Img_20200325_155428_resized_20200325_090

例年とおなじ顔をしているように見えるのだが、憂いているような気がする。

 

 

2020年3月23日 (月)

 ふくしまから届いた ~ 『マスク』

マスクが店頭から消えて久しい、コロナ騒ぎで世界中がマスク不足。 トンだ世の中になったものだ・・・と感心している場合じゃない。山のように積み上げられた、トイレットぺーパーや除菌ナプキンなども入手困難になった。 こういう状態が続けば、他商品にも影響が出るのではないか・・・カップラーメンや缶詰を買いあさる群集心理。一時はスーパーの米棚もスカスカ状態。イタリアではパスタが売り切れたとか・・・生活パニックが世界を駆け巡る。

緩やかな流行に突入したトルコでは65歳以上に外出禁止令がでたそうである。 重症になって死亡するのは高齢者が殆どなので、ある意味、利があると思うが、半数は出歩いていたとか。 長引く学校閉鎖や経済疲弊を防ぐためには元気のいい若者がそれなりに就労することは可能かもしれない。

医療崩壊がおこる前に、一刻も早い収束を願うばかり・・・。

Img_20200323_093302_resized_20200323_103

ふくしま在住の姪からマスクと消毒液が届いた。花粉症のため、在庫してあったらしい。 思いがけないプレゼントに驚き、感謝している。

日本製:息ラクラク口元の空間 + やわらか素材耳かけ  

 マスクは感染(侵入)を完全に防ぐものではありません と明記してある。

 

Img_20200323_093455_resized_20200323_103

今までは、使用済を洗濯し、台所用アルコールスプレイして再使用をしていた。 これで乗り切れると思っていたので、高額品を購入しようとは思ってもみなかった。

Img_20200323_021615_resized_20200323_103

眠っているカタバミ

Img_20200323_093336_resized_20200323_103

起きているいるカタバミ

 

 

 

より以前の記事一覧

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31