フォト
無料ブログはココログ

考えるチャンス

2020年8月30日 (日)

『私物化三昧政治終焉』

Yeettqqgg

 

 作家、真木和泉さんのコメント:

『安部晋三がついに辞意。安部を辞めさせたのは、潰瘍性大腸炎なんかじゃなくて、やっぱり新型コロナウイルスでしょう。コロナが問うているのは、国民一人一人の“安全保障”の問題です。 しこたま武器を買い込んで、集団的自衛権で自衛隊を強化しても、ウイルスから国民の命と暮らしを守る点でこの政権がやったことは、10万円とマスクとゴーツートラベルのレベルでした。 この政権に緊急時に大権を与えても、無能が有能にはならないことが、可視化されてしまいました。

だから国会も開けなければ、記者会見も開けなくなって、病気に逃げるしかなくなったのでしょう。メディアは病気の解説と“お疲れさま”に流れていますが、これから河井夫妻の裁判、モリカケ問題、“桜”も裁判になります。この政権は政治と社会を、激しく劣化させました。共犯者が大勢中枢に居残っています。それにしても、野党の存在感がないのが残念ですねえ。』

 

0da5f9edaab67b3d9d9c6d8a8f99145d

2年前に亡くなった、金子兜太さんはやっと天国に行けたかな?

 

R0020179_20200830160501

ピアニスト、虎子さんのコメント:

ストレス満載の世の中なのに〜〜やはり「ぶん投げ」で終わりましたね

やってきた「ホントウの危機」コロナ。
危機管理どころか何もできなかったのに、いまだみんな気がつかないの?
それどころか、これで今までの失政、愚策がチャラになる、日本のこの空気ってなんなんでしょう??

2020年8月24日 (月)

『白い目』 ~ 見えない敵

コロナ禍の夏が過ぎようとしている。三密を避けよ!と言いつつGotoキャンペーン開幕!

いつもの夏のような訳にはいかない。在フクシマで一人暮らしの友人は娘一家が来れないので、途中の宿で会うことになったとのこと。 なぜなら、隣人たちは他県番号の車には目を光らせているからなのだとか・・・。

 

_csp62129693

3・11のフクシマ事故直後には、都会での福島番号の車に冷ややかな目が注がれた話を聞いている。放射能で汚染されるのを恐れたのだろうが、ただただ差別的に意地悪な白い目を注いだ人も多かったらしい。

自分や身内は絶対にコロナにかかりたくない!という気持ちはわかるが、ならばどうすればよいのか、深く考えることもせず、罹患者に対しては非常に冷たい。人間は身勝手で身内びいきである。

Free469子供の頃の田舎には、人里離れた場所にバラック建ての「避病院 」があった。赤痢や疫痢などの伝染病にかかると、そこに隔離された。近くに行くな!と言われていて、その前を通るときには鼻をつまんで通り過ぎた。入院した人の話によれば、畳の部屋で、保健婦が常駐し、医者は通って来たという。 当時は土葬だったから、亡くなると焼き場で(まるでインド風に)焼かれるのだと・・・山の中に小さな焼き場があったことも覚えている。

「様々なことを想い出させるコロナかな」である。

 

2020年7月22日 (水)

『児玉龍彦先生の提言』 ~ コロナの時代

世界はコロナコロナで明け暮れている。 最近は国会中継もばかばかしくて観ていなかったのだが、なぜか16日は観た! 参考人として、児玉龍彦先生が出ているではないか! 原発時の発言ですっかりメデイアから干されていたはずなのに・・・・・・野党の強い要望だったとのこと。会場には西村大臣以外の大臣は不在、もちろん総理も不在。

児玉ファンたちはYOU TUBEのデモクラシータイムズでその発言を傾聴していたのだった。高橋泰という某大学教授のように、政府に都合が良い発言をしている中で、イヨイヨ一般メデイアも無視できなくなってきたということか?

今や、風見鶏知事は感染者数を発表するためだけに連日TV登場している。そんな場合じゃないのではないかナア・・・。

 

Eeb7oakk

詳細は下記アドレスにアクセスを!

https://www.youtube.com/watch?v=TkTQSDWqxs0

https://www.youtube.com/watch?v=4FULAiU_DMo&feature=youtu.be

https://www.youtube.com/watch?v=Zx7ocDrhz0Q

 

 

2020年6月21日 (日)

『一連托生』ってナニ?

昔の政局を理解していたわけじゃないけれど、現在の政局には目喰らってしまう。 

漢字に強いわけじゃないけれど、『一連托生』って何だろう?  何か抜けている・・・・。

柏崎原発事故時には通産大臣として放射能単位の「キュリー」「キロメートル」と官僚の注意を払いのけて、連呼したらしい。その程度の思い違いは一般人になら、許される、一国の長でなければ。

お気に入り姫君とのツーショット、果たして趣味は良いのか悪いのか・・・・・。

Eaytyecu4acp250

この方も未来の女大臣候補だったのだろうか?

Photo_20200621162601

時の法務大臣。

Dfvuxbduiamvgxx

過去の防衛大臣。

 

2020年5月17日 (日)

マスク事情

 いち早く届いた税金マスク処遇に困っている。 保育園に寄付したとか、山谷に送って、ホームレスの人たちに寄付したとか、解いてガーゼとして使ったとか・・・・。 不衛生だと思うと保育園等もっての外、ホームレスの方には石鹸を添えなければ意味がないし、果たしてはみ出しマスクに効果がありやなしや。

 

Img_20200516_144757_resized_20200516_024 

頼みもしないのに、466億円の血税を投入し、輸入会社はペーパー会社というから、驚き桃の木山椒の木! 10万円とマスクですべての国民をごまかせるつもりなのか? 何を言われても平気の平佐、屁の河童。

 

 A0397907_16324490(photo by Efendi 2020)

 

トルコではPtt(郵便局)に申し込むと、毎週5枚無料でもらえるという。 なんという格差!

Yjimagevddshf93 専用マスク?

 

2020年4月25日 (土)

コロナ時代に ~ くらげキャップ

♪ 本日オープンいたしましたレストラン「海月」です。 ご来店のお客様には安心してお食事していただけますように、当店オリジナルのくらげキャップをお被りいただきます。 対面でおしゃべりをしながら、楽しいお時間をお過ごしいただけます。♪

こんなレストランあったら、うれしいですね。 実はコレ、作家、渋澤幸子氏の発案なんです。パチンコ店でも自身の感染は自業自得ですが、まき散らされては迷惑です。業界の経営者は くらげ服を提供されてはいかがでしょう????

A25b65744f71599900a47b4caf21ddeb

そのうち、世界中に くらげ帽子が流行するかも知れません。コレ以上プラゴミを増やさないで!とグレタさんからお叱りを受けるかもしれませんが・・・。

A29554a73a650b318cb9aca967c6f8ce

洋服に合わせたリボンでオシャレも可能。 アベノマスクより遥かにカッコイイ!

 

 

 

2020年4月 5日 (日)

もったいない税金の使い方

 日本国の全世帯へ布マスク2枚を配送するというニュースにビックリ! 本日の東京新聞「本音のコラム」では前川喜平氏がコメント。

「マスク需要に対する上で極めて有効」と首相は胸を張るが、総額数百億円、あまりにももったいない税金の使い方だ。この索は経済官庁出身の官邸官僚が「全国民に布マスクを配れば、不安はパット消えます」と発案したのだという。こんな英断をさせられるのは、今井尚哉首相秘書官しかいない。 2月27日の突然の全国一斉休校要講も彼の発案だった。

今井氏や首相の最大の関心事は国民の健康ではなく政権の支持率だ。耳目を引く索を打ち出し、手なずけたマスメデイアやSNSを駆使して「世論」を作り出せば、愚策も「英断」となり、支持率は上がる。

「どうせ国民は愚かだ。いくらでもだませる」と見くびっているのだ。 しかし、アベノマスクはあまりにひどい。 こんな子供だましでだませるほど国民は愚かだと思っているのなら、それは考え違いというものだ。

 

今井直哉1958年栃木県生まれ、東大法学部卒の官僚、原発再稼働に尽力・・・・かなりのキレモノ=ワル、アベの脳細胞を手の平で転がしているらしい。

 

Img_20200404_145348_burst001_cover_resiz

今日もゆらゆら、マイマスク。使用後はサット洗濯再利用。速乾! 布マスクとなればそうはいかない。だから、わが家には配送してくれなくていい! 医療現場のマスクを何とかして!賢い税金の使い方考えて!

 

 

2020年3月 7日 (土)

『使い捨て』 ~ 『ハンドメイド』 

春先になると日本は特有のマスク現象が起こり、外国の観光客から奇異な目で見られてきたが、今や、世界はマスク不足に陥っているらしい。

 

Img_20200306_155453_resized_20200306_113

税務署帰りに、通りがかった小さな洋品店の前には、こんな看板が立っていた。

記憶を遡れば、過去のマスクは使い捨てではなく、ガーゼ製、テイシュペーパーもなかったから、口元には小さなガーゼ布をあてていた。ひどい風邪でもなければ、簡単に鬱陶しいマスクをすることもなかった。 

それが、いつの間にか使い捨てになった。マスクを洗うなんて・・・若い世代には考えられないかもしれない。政府は供給します、と簡単に言っているけれど、いつになるわからない。 その間、ウイルスは蔓延する。 

現実的には不足なのだからどうするか????? 

棚から消毒用のテイシュや液体も消えた。でも赤ちゃん用のお尻拭きがまだ在庫している。アルコールは含まれていないけれど、殺菌力はありそうだ。 いざとなれば、塩素系漂白剤をひたすら薄めて・・・。

何よりも、基本は「手洗い・うがい・顔洗い」が肝心らしい。 ウイルスは界面活性剤(石鹸)で落ちるそうだ。 そうなると、放射能の方がはるかにオソロシイと改めて感じる。

 

2020年2月29日 (土)

光輪の春  ~ マスクは洗濯して

マスクをせよ!消毒をせよ!とメデイアは訴える。 マスクが消えた、ウエットティッシュが消えた・・・。ドラッグストアには長い列、マスクが入荷したのかと思いきや、トイレットペーパーを抱えた人々の長い列でした。 食品売り場では米の棚がスカスカ! 缶詰の棚も隙間ができていました。  

なんという、行動だろう・・・と驚いた。目に見えないウイルスや放射能との対決法に疎い庶民の行動はデマに流されやすい。

観光地は閑散とし、株価は下がる。 幸か不幸か年金族は満員電車で通勤するリスクからは解放されてはいるが、オリンピック中止でも構わないが、年金減には頭が痛い。 首相の目論み通り、2週間で収束できることをひたすら祈りたい。

● マスクは何度も洗濯可能: 帰宅して手洗いうがいのあとで、除菌の中性洗剤でクチュクチュ洗って干したらスグ乾きます。

● 某放送局の女子アナがもったいないから2日で一枚にしました! 裏表使用してから捨てます!ととんでもない発言をしていました。

● 宅急便配達のお兄さんは自宅待機率良くて、効率的!と喜んでいました。

戒厳令じゃないけれど、首相は指導力発揮したつもりのメッセージを出しました。 それを受けてか、スポーツジムはガラガラ空いていました。 いろんなセミナーがどんどんキャンセルされいます。  特に、公の管理場所は首相命令に忠実です。

収束した暁には、すべてワタシがやりましたア~と威張るのでしょうね。

 

Hina

今年は久しぶりに、2月初日より小さな内裏雛を飾ったのでしたが・・・

R0020681_20200229135101

 

     広がってまた広がってコロナの春

 

 

 

 

2020年2月 3日 (月)

中村哲先生をしのぶ会

一昨日の夕方は12月、アフガニスタンで銃弾で倒れた、中村哲さんをしのぶ会が開催されました。練馬区文化センター小ホールは満席!600人の席に1500人が押し掛けました。練馬での過去の講演会も長蛇の列でしたが、スゴイ人気です。

映像で生前の姿や現場の風景を見ながら、世界は偉大な人を失ったのだ・・・と胸が熱くなりました。

79925193_3414115721995519_57694867948610

ペシャワール会報の号外にはご家族のコメントも掲載されていました。

尚子夫人:

いつも頭の片隅で案じていたことが、現実となりました。結婚して間もない頃、「自分は、医療の足りないところで働きたい」と言っておりました。ゆくゆくは医療の行き届かない離島や山村に行くことになるのかなと思っておりましたが、パキスタンのペシャワール・ミッション病院に赴任することになりました。7年間家族で過ごしました。長女が十歳になったころ、私と子供たちは日本へ帰りましたが、主人は単身で日本と現地を行き来する生活が始まりました。(略)今後も変わらず日本の支援が続き、現地の人々とともに活動が継続すると事を願います。

長男 健さん:

20歳になる前はいつも怒られていました。「口先だけじゃなくて行動に示せ」言われていました。「俺は行動しか信じない」と言っていました。父から学んだことは、行動で示したいと思います。

長女 秋子さん:

父は現地での危険な話はあまりしませんでした。話さなかったのは父の思いやりだったと思います。父と離れて暮らしていても、寂しいとか、ほったらかしにされていると感じたことは一度もありませんでした。それは家族を大切に思う父の気持ちを感じていたからだと思います。今回、アフガニスタンまで父を迎えに行きました。大統領ご夫妻、政治要人の方々から直接のご忌意、父がみんなに愛されていたと繰り返しおっしゃってくださるアフガニスタン大使、アフガニスタンのカーム航空が飛行機の尾翼に父の肖像画を描いてくださたり、ろうそくをともして追悼してくださる大勢のアフガニスタンの皆様、皆さんがこんなに父のことを慕っていて下さったのだと、身にしみました。それは、父が支援うを続けてきたことをアフガニスタン国民の皆様が評価してくださり、真心を受け入れてくださった証だと思います。父を支えてくださった全ての方に感謝しています。

 

Img_20200201_181752_resized_20200202_115

壇上には写真だけが微笑んでいました。加藤登紀子さんも駆けつけて「死んだ男の残したものは」を力強く唄ってくださいました。彼女は、同じステージで「哲さんってカワイイ!抱きしめたい!」と言ったことがありました。 哲さんは照れ臭そうに笑っていました。まるで昨日のことのようです。

 

Img_20200202_093257_resized_20200202_115

会場に飾られていた白いストックとダリアをいただいて帰りました。 ぐったり、しおれていた花は翌日ピンと蘇りました。哲さんも蘇ると良いのですが・・・ご冥福を祈ります。

より以前の記事一覧

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30