フォト
無料ブログはココログ

考えるチャンス

2017年6月 8日 (木)

記者の 『デスクメモ』

余りにも納税者をバカにしている政局とマスメディアを見ていると、新聞もテレビもネットも拒絶したい気分になる。

3.11以降、新聞は朝日から東京へシフトした。どのぐらい真実を報道してくれるか・・・が問題。 東京新聞には中東通の田原牧という記者がいる。(都知事と同じカイロアメリカン大学出身)。「こちら特報部」の下の小さな記事「デスクメモ」にもスパイスが利いている。

R0018654
clip  「生きて虜囚の辱めを受けず」と威張っていた人物が捕虜になるや、平然と同胞を売ったといった話は「昭和」まではよく聞いた。人のあさましさ。

戦争の記憶が薄れるにつれ、またぞろこの種の「愛国者」たちがばっこしている。   素性は進行中の醜聞を見る限り、変わらないclip (2017.07.02)

  R0018653

clip カネでは買えない敬意というモノがある。これは計り知れない財産だ。だが、日本への海外からの敬意は国内での「日本スゴイ」の効用と反比例している。

少なくとも中東での存在感はがた落ちだ。現政権は国益を損なっている。海外で「裸の王様」は通じない。ネット世論も同じだ。clip (2017.6.7)

R0018651



clip 品」というものは文字だけでは分かりにくい。 ただ、この間、映像メデイアにも出ている前川喜平さんの居住まいを見てそう感じた。 

 首相も含めた官邸側の人物たちとの「品」の差。   それを感知できるか否かで、私たちの民度も試されている。少し懐かしい、普通の大人を見た思いだclip (2017.06.03)


2017年5月20日 (土)

こんなことになりませんように ~ 民主主義って?

Y紙と共謀して・・・・・・・・・・ヤレヤレ -( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

R0018632_2

このヒトとその一味がアレヨアレヨという間に、良からぬことをどんどん決断していく・・・。 決断力のある男と認知され、やがて赤紙がメールでやってくる 日が近いのかも。 それにしては国民は、ノー天気。

質疑応答に登場する先生方のノー細胞も白骨化しているのでは?

見ても見えない、聞いても聞こえない、言いたくても言えない・・ナンテまるで日光のサルになれ!ということ?

R0018641_3
                佐藤正明 東京新聞 2017.05.20




2017年5月 9日 (火)

5月1日 ~ 関東で中間放射線量上昇

追記 

 下記、たんぽぽ舎の引用文に対し、放射能は浄水器を通しても効果はない!との指摘がありました。 確かに、煮沸してもろ過しても通過してしまうのです、それ故、扱いにくいシロモノ。 ペットボトルの水が安全か? といえばそれも??? 普通の使い捨てマスクをしたところで??

だからベストな方法はなるべく遠くへ逃げるしかないのでしょう。 除染のため削り取られた物質はどこへ行くのでしょう。 海へ流れるか沈殿して半減するのを待つことになるのか。 まあ、こういう記事は大きなオセワということになるのかも・・・・。

たんぽぽ舎のホームページはこちら ➡ http://www.tanpoposya.com/   

フクシマ原発帰宅困難者地域、浪江の山火事の報道はされたけれど、肝心な線量の情報が見えてこない。たんぽぽメールマガジンによれば、かなりの放射能が関東まで飛んで来ているとのこと。あわてて、本日、わが家の空中線量計で測定したら、ベランダで0.09室内で0.05と上昇していました。

ここしばらく、風向きは太平洋に・・・と祈ります。 決してアッチの方だけの問題ではないのです! (わかったかナ?元大臣ドノ!)

K10010969201_1705022036_1705022043_
                         photo by NHK

0672183b3616fa1133d17332dca2bc3d
        東京都の線量グラフ: ピークの山は5月1日


clip   1週間後までは放射能を防ぐ日常生活にしてください
   4月29日に福島県浪江町の十万山で発生した山火事は
   大きく広がり消えていません。

         
 原発から10kmの山で大規模な山火事が起きていることは、原発事故に近い規模の汚染が発生していることを意味します。
放射性ガスは発生しませんが、放射能が付いたチリが飛んできます

さいたま市与野本町にある編集部では、通常0.07~0.08マイクロシーベルト/hを示す値が、今は0.08~0.1マイクロシーベルト/hになったので、かなりの放射能が関東まで飛んで来ています。
この山火事が鎮火して、1週間後までは放射能を防ぐ日常生活にしてください。

・外出時は防塵マスクを付けてください。
・雨にはできるだけ濡れないように。
・洗濯物を外に干してはいけません。
・空気清浄機は、フィルターを新しくして強めのモードに。
飲用水は浄水器を通したものか、ペットボトルを飲みましょう。
・野菜は、ハウス野菜を選びましょう。clip

★ 科学者の友人が言った: 「朝鮮のミサイルが飛んでくることより放射能が飛んでくることを憂慮すべきだ」と。

2017年4月16日 (日)

『あんぽんたん』  ~ アベシアター

タレントたちと無邪気にはしゃいで花見をするA夫妻の写真が大新聞に掲載されていた・・・・・・もはや「オレの前にオレはいない!」天下人のつもり? 

数日前には東大法学部出のアノ復興大臣を伴ってフクシマ原発地元に出向き、焼きそばなどを何食わぬ顔で食べている映像が流れた。 地元のばあさんたちが首相と喜んで、握手をしていた。

子供時代を過ごした福島ではケンカすると、「あんぽんたん」と言い合ったものだ。映像が真実なら、フクシマ人もあんぽんたん!  つける薬はナイ!

Bbzrdu7_3
                                                   photo by ASAHI

R0018560

巷の主婦層では「だって、安倍さん以外に総理になれる人はいないでしょ」という言葉が横行している。 そんなことを聴くと、我が家のフクロウさんは哀しくなってしまうのだ。  

      春愁ふ園児がさけぶハイルアベ   宏生

2017年3月22日 (水)

3・20 代々木公園 ~ さようなら原発!  

久しぶりの春日和、代々木公園の「いのちを守れ!フクシマを忘れない・さようなら原発」集会が今年も開催。

初めて、東電と国の責任を群馬地裁が認めた。原発ビジネスに手を出し、倒産寸前に陥った大企業。地震国家に54基の原発、すでにフクシマを抱えているのに - 安全を信じてナニもしない国民にはなりたくないと思っての参加だった。

R0018515_2
              司会は木内みどりさん

R0018513
    レモンちゃんこと落合恵子さんは相変わらず迫力あるスピーチ

R0018519_2
        舞台には頑張って戦っている団体が登場

R0018517
     弁護士で映画監督の河合弘之氏、今日はピンクのジャケットで

R0018526
                    この旗を掲げているのは「肉球新党」だって!?
R0018518
参加者は11,000人。 メデイアからはしっかり無視された。TVニュースはどのチャンネルも慎太郎と森友で盛り上がって、A政府にとっては思惑通りなのか?

R0018521

          集会後は二手に分かれて行儀よくデモ行進

R0018530
中には若い母と子の姿も。 放射能をばい菌扱いする連中は、何がどのように「いのち」に関わるかを知らないのだろう(いわゆる無知族)。覚醒されると困るのは原発ビジネスに手を染めている族。 

♪原発のことなんて知りたくないの♪ 火の粉が自分の庭に落ちてこなければ♪ 目に見えないことなんてどうでもいいの ♪

● 肥田俊太郎氏が永眠。

2017年2月21日 (火)

地球は右へ右へと回転しているのだろうか・・・

「美しい日本」とかいう本が書店に山積みになったことがあった。タイトルだけで耳が痒くなりそうで、読む気になれなかったが、最近のA氏の活動が半端じゃないので、一体どんな「族」が支えているのか気になって読んだ本から見えてきた事がある。

R0018357_2

clip 天皇中心主義の賛美と国民主権否定。祭政一致への限りない憧憬と政教分離の否定。日本は世界にもまれな伝統を持つ国家であり、国民主権や政教分離などという思想は国柄に合わない・・・・・。安倍政権と日本会議がいま、総力を注ぎ込んでいる最大の目標はなにか? 憎むべき戦後体制の象徴であり、革新であり、元凶であるものの打破 = 現行憲法の改正であるclip

 神社に賽銭をあげることが何か罪深いことにも思えるほどである。 今上天皇や故三笠宮殿下がまともなヒトであることを痛感すると同時に人間として人格のない少数派ではないか? 

大臣たちのほとんどが日本会議のメンバーであり、新都知事の名前も見当たる。宗教と政治が合体してどこへ行こうとしているのか・・・読みながら空恐ろしくなってくる。知らぬは国民ばかりなりなどということにならなければ良いのだが。大臣になるとこぞって靖国詣でをする彼らには御霊を理解する能力があるのだろうか・・・。実は私も理解できない、だから参拝しない。

ところで、M学園って何なのさ?Photo

2017年2月 8日 (水)

酒屋のオジサンが「再生可能エネルギーに着手」 ~ 会津電力

3・11を機に設立された「東久留米市福島県人会」の今年の講演会に参加。 

Photo

R0018483_4 講演者の会津電力社長、佐藤弥右衛門氏(65才)は喜多方市の造り酒屋の9代目、どことなくおっとりして人望のありそうな外観。 いろんなことに興味を持ち実行に移すらしい。

生活クラブでの電力も会津電力から送電されるとのこと。 仕組みがよく理解できなかったのでまだ申し込んでいなかった。

R0018484_3
テーマは「再生可能エネルギーで地域を起こす」。 個人で設立した電力会社とはどんなものだろう・・・と、興味のある人たちが集まって、会場は満員御礼。 低コスト・クリーンエネルギーといくら説得されても、大企業ですら、原発では儲からないと帽子を脱いでいる昨今では、民衆も信じがたくなったということでしょうか。

R0018485_3
じっとしてれば誰かがやってくれる、国が、県が・・・とじっとしていては何も始まらない。 自分たちで何ができるか、前向きに考えて行かないと・・・というメッセージが印象的。 話はドンドンずれて、時間が足りない!

2017314kitakatasymp_03_2
ところで、ソフトバンクの孫さんの意気込みはどこへ? トランプにかき消されたか?

Plant_no2015_2
       原発に依存しない電力を是非、求めたいものです。

ホームページはコチラ➡   http://aipower.co.jp/

2017年1月 7日 (土)

『命の格差』 ~ 師岡カリーマ

 
Thg3rujwhl_5 本日の東京新聞「本音のコラム」のコラムニストはエジプトと日本を祖国に持つ師岡カリーマ氏。 NHKワールドのアラビア語アナウンサーでもある。

 論調は日本社会を冷徹に見つめているとのことだが、現地の厳しい現実を知ればこそ平和ボケの日本人には都合が悪いのだろう。 こういうコラムがあればこそ、東京新聞を読む気になるのである


clip アジアと欧州にまたがるイスタンブールのナイトクラブで、新年を祝う人々を狙ったテロが発生、外国人を含む39人が死亡した。欧米メデイアは現場からの実況を交えて長々と報道。職探しの労働者など28人のバグダット市民が死亡したテロ事件とは扱いが違う。 最近まで安全だったトルコと、テロが多発するイラクでは、事の重大さが違うと言ってしまえばそれまでだが、ある町の日雇い労働者とべつの町のクラブ客では、命につけられる値札が異なるという現実は、理屈抜きに悲しい。

シリア戦争のニュースが日常化するとともに、人的被害に対する世界の関心は一時薄れた。アレッポ市民などの苦難に再び注目が集まったのは、ロシアという欧米にとってたたきやすい悪者が前面に出てきてからだ。一方、米英の同盟国が、米英の武器を使って主導するイエメン紛争の被害者の姿は、ほとんど報道されない。餓死した幼児は一万人を超え、立てないほど痩せた子供たちが飢えや病と闘っているのに、世界は見て見ぬフリをする。

パリでは風刺週刊誌が襲撃された時は、デモ行進した各国首脳たち。その半年前、ガザに対するイスラエル軍の攻撃で二千人を超えるパレスチナ人が死亡した時、彼らはどこにいたのか命の格差は、回り回ってテロを育む。諦めも慣れもしたくない。clip

2016年11月18日 (金)

 『6年目の福島』 ~ 武藤類子さんの講演会

11月12日(土) 練馬区役所の多目的室は満席。 福島原発告訴団の団長として奮闘している武藤類子さんの講演会が開催された。 (核・原発のない未来を子供たちに@練馬主催)

武藤さんは私の故郷在住で、フクシマ事故以前から反原発の意識を持っていた方。 淡々と力強い発言に胸が熱くなり、何もできない自分が情けない思いである。

R0018321_2
会場は相変わらず、高齢者が多い。 実質影響を受けるであろう『若者たち』にはどうしたら伝わるのだろうか・・・。

R0018334
最高責任者の彼らは不起訴になり、廃炉費用は電気代に組み込まれる・・・・再稼働したくてたまらない族。もはや、クリーンエネルギーなどに騙されてはなるもんか! 

R0018326
        『除染お助け君』というシロモノ 一体誰が発明したのか?

R0018323_2

汚染は続くよいつまでも・・・・現在の除染作業員は7000人(外国人の存在も)

R0018335_2

では、どおすりゃいいの? 誰かがやってくれるだろうじゃなくて、自分で考える! ポケモン追っかけてる場合じゃあ・・・・日本の世界の未来はあるかなア?






2016年10月23日 (日)

「ごりんばし」 という橋

原宿駅からNHKホールに向かう途中、『ごりんばし』という橋を渡った。昔のオリンピックの時に作られた橋らしい。 下は山手線が走っている。

あのころの活気とは裏腹に、何が五輪だ!貧乏老人や貧困若者がわんさかいるというのに・・・という声も聞こえる。小川と森が仲良く肩を並べて握手している様を見ると、どんだけのマネー(税金)があちらへ流れるのかと疑いたくなる。 地震も北上しているし、30年たたなくても東海地震がやってくるかも。 神様も黙っていられなくなったのかもしれないね。

R0018158_3
この橋を渡ると、丹下健三デザインのオリンピックプールが目の前。

R0018160

そして、こんな建物もあった。 てっきりアベマリオの爺様の息がかかっているのかと思ったら、実は日本近代スポーツの父と言われる岸清一という人が建てたもので、各スポーツ団体連盟が入居しているとのこと。普通の体育館ではないらしい。 新国立競技場建て替えに伴い、建て替えが検討されているとか。

Photo

より以前の記事一覧

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30