フォト
無料ブログはココログ

« 2024年6月 | トップページ

2024年7月

2024年7月11日 (木)

『蛍袋』  ~ 過去の記憶

酷暑、24時間冷房無しでは生きていけない・・・・高温だけではなく、高湿度が不快。水を飲め!冷房付けろ!と行政も口を出してはいるが。

Img_20240626_094917_resized_20240704_045

 

わが庭には、梅雨になるとオリーブの木の下に白い蛍袋が咲くことになった。子供時代から馴染んだ花なので、冷蔵庫もクーラーもなかった、勉強もしなくて良かった、今よりはるかに原始的な夏の生活を想い出す。

蚊に刺される、蝉の声がジリジリ暑さを募らせる。時折、赤い旗をたてて、青い箱に薄甘い氷の棒のアイスキャンデー売りが自転車でやってくる。買ってもらえる子はシアワセ。朝のパンやご飯が夕方には傷んでる。何を食べて生きていたのか・・・不思議だが、井戸水は冷たくておいしかった。

時は流れ、戦後初期に生まれた昭和世代も、高度成長期を過ぎて、今や高齢者、懐かしさと不安を抱えながら生きている。

 

 

2024年7月 5日 (金)

『期待外れ!』 ~ 星の降らないサハラ砂漠

砂漠まで行って、星も月も見られなかったナンテ嘘のような話。経験者の話では360度地平線の中で星降る夜の風景が見られるということであった。おそらく、季節も運も悪かったのだと思うが・・・。ベランダから大きな月を見るとここが砂漠だったら・・・と想う

Img_5076

砂漠ホテルの門。

Img_5095

砂漠の入口で砂漠を見ている。振り返れば民家の灯がチラチラ・・・これには幻滅!

 

Img_20240423_062937_resized_20240704_045

それでも砂漠は砂漠、ため息をつきながらしばし佇んだのだ。

 

Img_20240422_193756_resized_20240704_045

ラクダの駐車場ならず、ラクダ待合所らしい。

Img_20240423_071453_resized_20240704_045

ラクダに乗る人は40ユーロ払え!とのこと。ケチな人は歩くしかないがさすがにラクダの方が早い。私はもちろん乗ったけれど・・・。

 

« 2024年6月 | トップページ

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31