フォト
無料ブログはココログ

« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »

2024年2月

2024年2月29日 (木)

『春』 ~ ミモザ咲く

何となくフランスムードにあこがれて、三年前に苗木を植えた。  最近は街角でも見かけるようになったミモザ。

Img_20240220_144312_resized_20240220_024

別名ナントカアカシアとも言うらしい。

Img_20240220_144340_resized_20240220_024

特別な肥料もいらず、すくすく育った。

Img_20240224_174444_resized_20240224_084

 

枝を切ってテーブルフラワーに。来客も大喜び。

Img_20200215_192530_burst001_cover_resiz

もう7~8年前? 友人の朗読会の会場に飾られていたミモザ。この時、まんじりと鑑賞したのがきっかけだった。今日は閏年最後の二月、明日からカレンダーは三枚目が始まる。季節は桜へ・・・・

2024年2月22日 (木)

『未練』 ~ さらば大辞書

殆ど出番のなかった重い辞書。 電子辞書もなかったころの憧れ、大枚はたいて購入した。こんな辞書を使ったらもっと英語ができるようになるような気がした。(それは錯覚であったのだが) 

かなり前から処分しよう・・・と思いつつ、¥9800-で購入したのだから、もったいないと、若気の至りを反省しながら未練がましく引きずってしまっていた。

Img_20240215_135553_resized_20240217_105

辞書と言えば、PCのない時代、我が家には百科事典などなかったから、何か調べるには手のひらサイズの国語辞典。当時の田舎町には図書館すらなかった。 

高校には、あこがれの英語の先生がいた。 発音もネイテブスピーカー並み。指導が受けられと思いきや、長期療養に入られて、卒業するまで復帰はかなわなかった。 その先生の書斎に案内されて驚いた!洋書に囲まれて、大きな机には大辞書が開いたまま!

Img_20240215_140451_resized_20240217_105

 

2キロもある重~い辞書で炬燵での学習は所詮ムリ。無用の長物を買ってしまった「愚かさ」をしみじみ・・・。ゴミ捨て場に持っていくにも紐でくくらねば運べない。 断捨離とは存命中に思いを断ち切る作業かも。 

2024年2月10日 (土)

『哀しい曲』 ~ 木の歌 by John Williams

TVでイスラエルのヴァイオリニスト、ギル・シャハム(Gi・Shaham)の演奏を聴き、彼の演奏をもっと聴きたいと思った。映画音楽の巨匠(スターウオーズ、未知との遭遇、ジョーズ、シンドラーのリスト等々)ジョン・ウィリアムスとのCDを胸弾ませて聴いた。

ところが、

こんなに哀しい音楽に出会ったのは初めて。心から涙が流れるような・・・・。それもそのはず、映画「シンドラーのリスト」からの曲も入っている。例えばユダヤ人街(クラクフのゲットー、1941年冬)なども含まれている。 ユダヤ人のギルを尊重するあまり、こんな哀しい曲の編集になったのだろうか??

Img_20240208_142223_resized_20240208_023

 

タイトルの「木の歌」についてジョンが散歩する公園の木「メタセコイア」という針葉樹のまたとない美しさ、気高さと、ギルと彼の芸術の優雅さ、高貴さとを、できる限り関係づけて表現しようとしたとのこと。

作曲者・ピアニスト・指揮者でもあるジョンに指揮を指導したのは小澤征爾だったとか。

 

Img_20240208_142317_resized_20240208_023

ジョン・ウイリアムス: 1932~  + ギル・シャハイム: 1971~

 

 

« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30