フォト
無料ブログはココログ

« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »

2024年1月

2024年1月26日 (金)

『夢』 ~ 庭に牛の親子が

面白い夢を見た。わが庭に牛の親子がやってきて、花を食んでいた。 どこから来たの?と声を掛けたら目が覚めてしまった。

 

Img_20240119_140433_resized_20240126_123

 

丑年でもないのに・・・どうしたのだろう。 牛は黒牛でもなくはっきりとした白黒の親子だった。もうちょっと見とれていたかった。

 

R_20240126144501

夢は見ている瞬間は「真実」なので、嫌な夢を見ると心臓ドキドキしたり、気分も悪くなる。

Img_20220428_113921_resized_20240126_123

 

時々花喰い鳥がやってくる。しおれた花ではなく咲いたばかりの新鮮な花が狙われる。カラス以外の小鳥なら歓迎。 

カラスは羽を広げるとかなり大きい。虫を食べてくれるなら良いのだが、餌をくわえてやってきてわが庭で食べようとするのだ。 そういう時は襲われないように威嚇するのだが、カラスの夢だけは見たくないものである。

 

 

2024年1月 8日 (月)

『新年』 ~ 天災と人災と・・・

怠け者なので大晦日に賀状を書きなぐってやっと投函。年が明けたとたんに、天災と人災が起こって、賀状どころではなくなった。

日常がラインやメールなどが主流になると賀状の新鮮さが失われつつあるけれど、もらってうれしい賀状もあるし、滅多に逢わない賀状繋がりの人もいるから・・。

心のこもっていない賀状も多い。会ってもいないお世話もしていないのに「昨年は大変お世話になりました」という文面印刷だけ、連れ合いのこと知らないのに夫婦連盟、「XX歳になったので今後賀状をしつれいします」という絶縁状的なもの。そいう類とは積極的に決別したいと思う。所詮人間は孤独なのであるから。

 

Img_20240104_104803_resized_20240108_110

コロナでしばらく疎遠になっていた友人宅へお邪魔した。ご主人の趣味の生け花も立派! 同居されていたご両親は鬼籍に入られて会えなかったけれど、愛猫は14歳になっていた。

Img_20240103_182237_resized_20240108_110

生後4か月の頃、数日我が家で預かったことのある猫のしんちゃんは人間でいう古希を迎え、木登りはしなくなったという。相変わらず可愛いくて触りまくった。

Img_20240108_110052_resized_20240108_110

ジュエリーデザイナーのNさんからは毎年手の込んだ賀状が届く。今年はタツノオトシゴのおなかから糸を引っ張るとくす玉のように子供が沢山生まれ落ちた。  なんというアイデア!!

作品群は特別ファイル。いずれ展示会を開きたい。

 

« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30