フォト
無料ブログはココログ

« 『君はパレスチナを知っているか』 ~ 現代史を紐解くために | トップページ | 『年末年始』 ~ 不安 »

2023年12月29日 (金)

『乾燥の脅威』 ~ 火事

12月25日

穏やかな真昼に、けたたましいサイレンが鳴り響いたので窓を開けた。 川を挟んだ向かい側にもくもくと黒い煙が立ちのぼっていた。

Img_20231225_102703_resized_20231227_120

川向うということで、安心はしたものの・・・路地の多い住宅地。 

Img_20231225_105331_resized_20231227_120

なかなか消化活動が見えない。野次馬も集まって来た。

Img_20231225_105353_resized_20231227_120

屋根から火が出ているのに、消防車(20台も)が来ていたのに、一向に放水されない。消防士たちは慌てふためいている。 なぜか? 送水口が見当たらなかったからだと後日聴いた。いつもは大雨の氾濫を恐れている目の前の川は枯渇寸前。延焼家屋は5棟。

ハワイ島の火事、世界中で山火事が起こっている。乾燥は恐ろしい被害をもたらす。皮膚の渇きもさることながら、部屋のミカンもシワシワ。

 

Img_20231229_102435_resized_20231229_112

わがマンションも2年前の12月、穏やかな日の昼中、失火した。幸い送水口が設置されていた。 散歩しながら送水口を探してみたが、なかなか見つからない。消防法はどうなっているのだろうか???

隣家との隙間が狭い日本の家屋、実は危険が身近にあるということを改めて思い知った。

● 火を使う場所に燃えるものを置かない

● コンセントの埃に注意

● 睡眠時もすぐ飛び出せるように、靴下上着など枕元に・・・等々

 

« 『君はパレスチナを知っているか』 ~ 現代史を紐解くために | トップページ | 『年末年始』 ~ 不安 »

種々雑感」カテゴリの記事

コメント

聴いた話ですが、失火原因は70代夫婦のコンロの火の不始末とのこと。
二人の怪我は軽傷。

火事に注意散漫の自動車と自転車の事故もあり、こちらは自転車に乗っていた方が重症ということで話が持ち切りでした。

元旦なのに、今も能登半島の地震! 津波警報も出ていますね。

すごい煙でしたよね。太陽を覆ったので、暗くなって気が付きました。
なかなか消火されなかったのは、そう言う理由だったのですね。
そう言えば、家の近くの送水口はどこだろう。探してみなくちゃ。
電気系統からの火事、怖いですね。
私も母に注意喚起しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『君はパレスチナを知っているか』 ~ 現代史を紐解くために | トップページ | 『年末年始』 ~ 不安 »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31