フォト
無料ブログはココログ

« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »

2023年12月

2023年12月31日 (日)

『年末年始』 ~ 不安

毎年の師走年始の時期が苦手。 お節料理も作らないし、特別大掃除もしないのだが、周囲がわさわさして、デパ地下やスーパーが大混雑。おまけに物価倍増!   

何よりも精神的に不安なのは病院の閉鎖である。 救急病院に行けばよい!と簡単にはいかない。

250pxw_sahuran4111

     サフランの花

紅白やお笑いも興味ないから、食欲を抑えながら収録画像を観ることにしよう。  

早く三が日 が終わり、日常が戻ってくることを願うばかり。明日の夜は恒例のウイーンフィルのニューイヤーコンサートが実況中継される=ささやかな楽しみ。

平和な年になりますように (⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

 

 

 

2023年12月29日 (金)

『乾燥の脅威』 ~ 火事

12月25日

穏やかな真昼に、けたたましいサイレンが鳴り響いたので窓を開けた。 川を挟んだ向かい側にもくもくと黒い煙が立ちのぼっていた。

Img_20231225_102703_resized_20231227_120

川向うということで、安心はしたものの・・・路地の多い住宅地。 

Img_20231225_105331_resized_20231227_120

なかなか消化活動が見えない。野次馬も集まって来た。

Img_20231225_105353_resized_20231227_120

屋根から火が出ているのに、消防車(20台も)が来ていたのに、一向に放水されない。消防士たちは慌てふためいている。 なぜか? 送水口が見当たらなかったからだと後日聴いた。いつもは大雨の氾濫を恐れている目の前の川は枯渇寸前。延焼家屋は5棟。

ハワイ島の火事、世界中で山火事が起こっている。乾燥は恐ろしい被害をもたらす。皮膚の渇きもさることながら、部屋のミカンもシワシワ。

 

Img_20231229_102435_resized_20231229_112

わがマンションも2年前の12月、穏やかな日の昼中、失火した。幸い送水口が設置されていた。 散歩しながら送水口を探してみたが、なかなか見つからない。消防法はどうなっているのだろうか???

隣家との隙間が狭い日本の家屋、実は危険が身近にあるということを改めて思い知った。

● 火を使う場所に燃えるものを置かない

● コンセントの埃に注意

● 睡眠時もすぐ飛び出せるように、靴下上着など枕元に・・・等々

 

2023年12月13日 (水)

『君はパレスチナを知っているか』 ~ 現代史を紐解くために

昔、「アラビアのロレンス」や「アンネの日記」が巷を駆け抜け、接してみても何かもやもやした疑問感が心の奥に蟠っていた。 本書を読んで、やっと落ち着くことができた。これは自分にとっての名著である。

昨今、昼夜を問わずガザ対イスラエルのニュースがもちきり。平和ボケの日本人も対岸の火事として構えている場合ではないのかも知れない。

  パレスチナの広さは日本の九州にもおよばず、「パレスチナ人」とよばれる人々は500万人くらいだと考えられる。だが、平均的パレスチナ人像を描くことはむずかしい。

かれらはアラビア語を話すが、皮膚の色はスーダン人のようにかなり黒い人から、北欧人のように真っ白な人までいる。目の色は。暗褐色、茶、緑、青、灰色など。毛髪には、直毛。ゆるやかなウエーブ、ちちれ毛があり、色も、黒、茶、赤、ブロンドなどさまざまだ。

目次:

1)イスラーム帝国とパレスチナ

2)シオニズムと近代反ユダヤ主義

3)大国のエゴイズム

4)失敗したイギスのパレスチナ支配

5)冷戦の中で生まれたイスラエル

6)「難民」から「パレスチナ」人へ

7)タカとハトとラビ

8)インテイファーダからパレスチナ国家独立宣言へ

しかも小学生でも読めるように丁寧に仮名が振られてある。 

最近、イギリスでは中東についての教育は控えているらしい(自国の黒い歴史にもかかわるからだろう)。 

Img_20231205_111001_resized_20231205_111

我が家の猫も読んでいる  (ほるぷ出版)  1997年には改も出版されている

Rectangle_large_type_2_909be05e948125db8

 

本当のアラビアのロレンスと出会ってみるのも面白い

2023年12月 6日 (水)

『シャコバサボテン』 ~ 巨大?

ついこの間まで猛暑だった。 

花壇はヨレヨレ、やっとパンジーなどを植える気分になった。 「シャコバサボテン」いただきもので庭の隅に放置しておいたのが暑さに耐えて、生きながらえていた。室内に入れたら、 みるみる大きくなってランのような薄ピンク色の花をつけた。 

計測してみると、7センチ!  ふつうは2~3センチらしい。 猛暑の狂い咲きかそれとも放射能の悪戯か?

Img_20231123_115649_resized_20231203_033

 

カニバサボテン科のシャコバサボテン属・・・友人は「カニサボテン」というので「蟹」のことかと思った。

Img_20231125_103507_resized_20231203_033

 

その後、つぼみもなく、花の気配は全くない! 植物も気まぐれなのか・・・

 

 

 

 

 

« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30