フォト
無料ブログはココログ

« 『可愛いケーキ屋さん』 ~ 目白 | トップページ | 雨の日の『子規庵』 »

2023年5月12日 (金)

『ミンゲル島』 ~ パムックの空想の島

トルコのノーベル賞作家、オルハン・パムックの新しい翻訳本: 宮下遼訳の「ペストの夜」が早川書房より出版された。 舞台はエーゲ海に浮かぶ「ミンゲル島」という架空の島であり、ミンゲル人も架空民族である。時代はオスマン帝国末期、アブデル・ハミト二世の治世(1876-1909)。

Img_20230322_143710_resized_20230325_123

その小さな島でペストが流行し、殺人事件なども起こる。 読者は催眠術にかけられたかのように、架空の島、架空の国家に引き込まれる。

 

Img_20230419_090615_resized_20230419_091

こんな風に、地図まで掲載しているから、素直な読者は騙されてしまう。

イスタンブルには「無垢の博物館」という作品と同名の博物館が存在し、主人公の部屋にベットや品々が陳列されている。あたかも登場人物たちが息づいているかのような雰囲気。 コーナーには世界中で発行されたパムック本の売店になっている。もちろん入場料は必要。ある意味で、彼の「遊び」に付き合うことになのるだが・・・それが楽しい。

 

Img_20230419_092651_resized_20230419_092

1952イスタンブル生れ。生粋のイスタンブルっ子、幼児期から「西の人」として成長。

2006年度ノーベル文学賞受賞

邦訳作品

わたしの名は紅、雪、白い城、黒い本、無垢の博物館、新しい人生、父のトランク、イスタンブル、僕の違和感、赤い服を着た女、等々。

 

 

 

 

 

« 『可愛いケーキ屋さん』 ~ 目白 | トップページ | 雨の日の『子規庵』 »

読書の時間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『可愛いケーキ屋さん』 ~ 目白 | トップページ | 雨の日の『子規庵』 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30