フォト
無料ブログはココログ

« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »

2022年7月

2022年7月26日 (火)

『あの男』

あの男

わたしにはあの男へのいささかの同情がある。否、「いささか」ではない。
かなりの、だ。あの死者は美化されすぎである。あの死者は凶相であった。

 

高温多湿の不快指数の中で、凶相に捧げる献花台への行列、都知事の涙・・・映像にはどこか白々しさが感じられたが、この辺見庸氏のたった2行の強烈なコメントに感動した。

 

R0019938

アルメニアの教会で

 

2022年7月19日 (火)

『天皇はいかに受け継がれたか』 

タイトルには興味があったので、めくってみたが、一向に前へ進まなかった。 それと、学術会議をボイコットされた加藤陽子氏の著書だと誤解してしまったのだ。彼女は編集責任者であった。

古代、中世、近世、近代とに分かれ、それぞれの専門家が書いているのだが、暑さも相まって、途中でどうでもよくなってしまった。

女系否定と臣籍降下等々、国会議員たちのどのぐらいの人たちが本著を理解できるのだろうか?

 

Img_20220718_124041_resized_20220718_015

明日は図書館へ返却しよう。

2022年7月12日 (火)

『ボッコちゃん』 ~ 星新一の世界

蒸し暑く、外界は何かと騒々しい。こんな時はどんな本を読めばいいのか・・・。ハタと気が付いた。若い時から名前だけは知っていて読むことがなかった星新一のショートショートを見つけた。各章2~3ページの短文(掌編)である。

あっという間に物語は終わる。登場するのはロボットだったり、サルだったり、とにかく結末が早いのは読みやすい。現代版昔話的でもある。

Img_20220710_094302_resized_20220711_010

星新一(1926~1997):

父は星薬科大学・星製薬の創立者。本名の親一は「親切第一」の略だったとのこと。要望や作風とは裏腹に実生活でもギャグ連発の「奇行の主」の側面があったという。身長180センチ、小松左京によれば少年愛の傾向があり、一時はピーターを追いかけまわしたとか・・・・そんなところも興味深い。

湿度96%の日本の夏、いつの間にか冷房無しには生きられなくなった。電気が切れたらどうなる? ボッコちゃん助けて~。

 

 

2022年7月 2日 (土)

『ベストエッセイ 2021』 ~ 日本文芸家協会編

10年ほど前から、前年発表されたエッセイを文芸家協会が収録したものらしい。なんとなく図書館にリクエストしていたら,かなりの時間経過でやっと到着。 なんとまあ、作家・エッセイストと名の付く文筆家の多いことに驚いた。 おそらく文芸家協会会員の方々なのだろうと思うけれど中には髭の殿下のご長女のお名前まで、70名以上。

協会理事長の林真理子は好きでも嫌いでもないけれど、こんな言葉があった。

「いろんな生き方」の中には一応いろんなことを試してみる、という人生もある。・・・ここで、声を大にして言いたいのは、貧困にあえぐシングルマザーにだけにはならないで、ということだ。どうか女性が、しっかりとした経済的基盤を身につけて欲しい。女性がしっかり稼いでいれば、好きな男といつでも結婚でき、いつでも別れられる、という自由を手に入れられるのだ。

Img_20220702_090823_resized_20220702_103

気が付いたことは、投稿先が雑誌や新聞であるのに、天下の読売・産経掲載の作品がなかったことである(⋈◍>◡<◍)。✧♡。

 

 

Img_20220701_112309_resized_20220702_103

猛暑の中、元気が良いのはこの花だけ。

« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30