フォト
無料ブログはココログ

« 『カラス』 と 『ゴキブリ』 | トップページ | 『近現代史』を学ぶ »

2021年8月 4日 (水)

『サンデー毎日』を読む

YOUTUBEのデモクラシータイムスでは月に一度ぐらいの割合で、佐高信+平野貞夫+早野透による「3ジジ放談」は歯に衣着せぬ言いたい放題が人気である。 親譲りのボンボン政治家をバカボンと言ったり・・・・小気味よい。

そこで、佐高信が「戦争に負けて良かった」というキャッチフレーズで、吉村昭を取り上げているというので、実に久しぶりで週刊誌を購入。週刊誌は病院や美容院で手に取る程度だったけれど、コロナ禍ではそれも不可能に。

 

Img_20210803_113520_resized_20210803_115

Img_20210803_113759_resized_20210803_115

 

昭和2年生まれの城山三郎と吉村昭が対談。

吉村: あの戦争、負けて良かったですね。負けたのが一番の幸せ。そう思いませんか。

城山: 元少年兵としては、負けて良かったとは言いたくないけどね。でもあのまま行ったら、大変だったろうね。

吉村: 第一、軍人が威張る、警官も威張る、街の警棒団長も威張る。

城山: 鉄道員まで威張る。昔は汽車に乗っても、検察の時など客は被疑者扱いだった。

吉村: 今はお巡りさんも「すみませんが」と来るからねえ。 今は、みんな優しくてほんとうにいい時代ですよ。

 

 

他の記事も

● 東京オリンピック、栄光と混乱の狂想曲

● 五輪を政治利用し尽くし、五輪と共に失墜する安倍・菅政権

● 高村薫のサンデー時評: オリパラ完遂するためのなりふり構わぬ暴走。五輪は過ぎてゆくが暮らしに終わりはない。

 

大衆紙は大衆紙でも老舗の対面を保持していることを確認。

 

Img_20210710_110009_resized_20210803_115

日本の夏はこんなにもに暑かったかなア~と思うほどの不快な暑さ。出かけるな!と言われなくても出かける気分にならない。庭の植物たちも朝夕の水分補給をしてあげないといき絶え絶え。もはや、トマトも枯れかかっている。元気なのはハイビスカスだけ。

とにかく、コロナ以外の病気にもならないように気を付けたい。病床逼迫なのだから、不安である。

 

 

 

« 『カラス』 と 『ゴキブリ』 | トップページ | 『近現代史』を学ぶ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『カラス』 と 『ゴキブリ』 | トップページ | 『近現代史』を学ぶ »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31