フォト
無料ブログはココログ

« 『汚染水』 ~ そんなに安全なら | トップページ | 誰のためのオリンピック? »

2021年5月 3日 (月)

『主婦のきもち』 ~ 火の粉がわが身に

職業欄には「主婦」という項目がある。それは純粋に専業主婦というより、既婚者という意味らしい。定年後の未婚者は「無職」と言うことになるらしい。 チョット割り切れない。 近所で彼女たちとの接点はあまりないけれど、近くのスポーツジムでは挨拶程度の会話をすることがある。

モリカケという、とんでもない病が発症の最中でも、「首相はAさん以外にいないわよね~」と呑気な事を言っていたのだが、最近では、その見解が「政治が悪い!」と変化している。つまり、コロナ対策の不備を責め立てているのだ。

やはり、火の粉がわが身に降りかかる気配を感じると、人間の感覚は鋭くなるのだろうか。

 

Img_20210427_153947_resized_20210428_053Img_20210427_153933_resized_20210428_053

病院庭に茂っていた可憐な花。コロナなんか怖くない! 花の名前はヒメジオンかハルシオン(睡眠剤のような名前)

それでも有名人の聖火ランナーは観衆の拍手の中を行く(走らずに)。

聖火ゆくコロナ列島鳥帰る  (宏翁

 

« 『汚染水』 ~ そんなに安全なら | トップページ | 誰のためのオリンピック? »

考えるチャンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『汚染水』 ~ そんなに安全なら | トップページ | 誰のためのオリンピック? »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31