フォト
無料ブログはココログ

« ちいさな巨人逝く ~ 底知れぬ喪失感 | トップページ | なんとなく「クリスマス」 »

2019年12月18日 (水)

本当の『刺し子』 ~ 手仕事の世界

 「刺し子」といえば、想い出すのは「雑巾」か「柔道着」?

田舎育ちの私には農家の人たちが着ていた着古した古い布を重ねて縫った「野良着」である。 おそらく、パッチワークも貧しい開拓民が古布を粗末にしないように工夫した結果の産物でしょう。 それは魂のこもった歴史の重みすら感じます。

 

71081183_3542334659125361_57774760825716

9月には友人の経営する、針仕事の店「ワサビエリシ」で目の覚めるような刺し個展がありました。

70785160_2042586735843101_44259239498214

布地はすべて藍の古布、まるで「ミロ」の世界、いとおしさが伝わってきます。自由を感じます。溜息がでます。

作者は在日アメリカ人のLindsey Gradolphさん。

 

« ちいさな巨人逝く ~ 底知れぬ喪失感 | トップページ | なんとなく「クリスマス」 »

種々雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ちいさな巨人逝く ~ 底知れぬ喪失感 | トップページ | なんとなく「クリスマス」 »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31