フォト
無料ブログはココログ

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月31日 (火)

日記買ふ

1行日記をはじめて、かれこれ20年以上。 当初は10年日記にしたのだが、日々の作業にはチョット重すぎた。 

それで、5年日記に切り替えたら、あっという間に時が過ぎてゆく。メモ代わりの日記だから後日役立つことが多い。過去が一目瞭然なので、毎年同じことを繰り返しているのがわかる。  

あと5年ぐらいは生きるつもりで、新調。

Img_20191227_112038_resized_20191227_115  

♪ 日記買ふまだ人生は続きそう ♪

 

001

このずっしりと重~い10年日記、しばらく保管しておいたがすでにシュレッダー処理済(保管能力は役所よりある)

2019年12月23日 (月)

なんとなく「クリスマス」

今年のカレンダーの終焉が秒読み。 自分自身はクリスチャンでもないから特別に教会へ行ったり、ケーキを食べたり、ツリーを飾ったりしないけれど、なんとなく世の中がクリスマスモード、なんとなく年の瀬を感じさせられる。

Img_20191217_104318_resized_20191217_045

数年前に友人からいただいたポインセチア、赤くはならないけれど、緑の葉がイキイキ。 同じ友人から今年は赤い実のリースをいただいたので、ジョイントさせたら、ホント、なんとなくクリスマスモードになりました。

 

Img_20191214_124609_resized_20191214_040

ふくしまからは林檎が届いたので、木彫りのサンタさんと「ハイ・ポーズ」!

アズナブールとドミンゴのクリスマスソングでも聴きながら、年賀状でも書こうかな???

2019年はあと少し、もう何事もなくすぎますように・・・・。

 

 

 

2019年12月18日 (水)

本当の『刺し子』 ~ 手仕事の世界

 「刺し子」といえば、想い出すのは「雑巾」か「柔道着」?

田舎育ちの私には農家の人たちが着ていた着古した古い布を重ねて縫った「野良着」である。 おそらく、パッチワークも貧しい開拓民が古布を粗末にしないように工夫した結果の産物でしょう。 それは魂のこもった歴史の重みすら感じます。

 

71081183_3542334659125361_57774760825716

9月には友人の経営する、針仕事の店「ワサビエリシ」で目の覚めるような刺し個展がありました。

70785160_2042586735843101_44259239498214

布地はすべて藍の古布、まるで「ミロ」の世界、いとおしさが伝わってきます。自由を感じます。溜息がでます。

作者は在日アメリカ人のLindsey Gradolphさん。

 

2019年12月 5日 (木)

ちいさな巨人逝く ~ 底知れぬ喪失感

哲さんが、死んでしまいました。

昨日の夕方のニュースに驚いています。 親戚でもないのに、身内を失ったような悲しみを覚えます。 こんな思いをしている方が大勢いらっしゃることがわかりました。 金だけばら撒く政府のやり方とは対極にある支援の仕方に脱帽。彼の偉大さを改めて感じます。

 

Th6h44ushi

2年に一度ほど、練馬区での講演会にはそのまんまの姿で、ポツポツと話されて質問にも応えられて・・・またそのうちに元気な姿を見られると思っていました。政局のことはノーコメント、寄付をしてくださるのなら右でも左でもいただきますとおっしゃって会場を沸かせていました。

2

自らブルドーザーを運転

112_s01

蘇った緑

Blog_import_5ab638358e569

「市民の声ねりま」代表の池尻区議のコメント:

世界をひとつかみにする深い洞察と、皮相なものを容赦なく射抜く慧眼と、言葉よりも生き様で命と向き合い続ける真摯さと、そして自分を立派だなんて思ったことのないに違いない、そう感じさせる謙虚さと。
中村哲さんと出会って20年、いつも自分の言葉と姿勢を試され、突き動かされ、励まされてきました。...私を育ててくれた“現場”の、大切な宝の一人。命をかけても惜しくない同志だと、勝手に思っていました。哲さんも、確かに、私を信頼してくれていた。政治家なんて、いちばん信用できない類の人間だと、よく分かっていたはずなのに。

小柄で照れ屋の、見栄やはったりなど利かせようのない日本人の命を奪うのは、わけないことなのかもしれない。でも、哲さんが40年近い歳月をかけてアフガンの大地に染み込ませた汗と思い、そして哲さんが積み重ねた肯定的で建設的な努力は、近寄りがたいほど重い。誰もその前に首を垂れるほどのものだった。
9.11のあとアフガンに襲い掛かった「報復」の嵐を前に、一人で、たった一人で、しかしなんの怯みもなく立った哲さんに出会ったときの衝撃は、決して忘れられない。「爆撃ではなく、食糧を。命の水を」。あのとき、哲さんの声に日本の良心は救われたと、痛切に感じたのです


それから20年。なぜ、命を奪った?誰が奪った?あまりに理不尽…。

つい2週間前、再開を約束し、来年には本格的に収穫されるだろうアフガン産はちみつを練馬で売るぞ、と話したばかりなのに。

 

 

2019年12月 2日 (月)

かわいい石像たち ~ あきのみやじま

もう、師走。 1年前の広島の旅が想い出される。

厳島神社から始まって、うろうろしていると素敵な場所に遭遇する。

R0020403  R0020404

世界遺産の雰囲気を壊さないように、モダンなカフェもあちらこちらに。

 

R0020385

階段にはお地蔵さんがズラリ。

R0020378

Welcom!と言っている声が聞こえた。

R0020386

アレツ! こんな子もいたよ。

R0020387

そして、こんな子も・・・。

 

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31