フォト
無料ブログはココログ

« かたつむりの季節 | トップページ | 何処かで会ったような・・・ »

2019年7月10日 (水)

「芝居」 ~ ドライビング・ミス・デイージイ

友人から芝居のチケットが舞い込んだ。 芝居は何年振りだろう・・・(年金暮らしが芝居にハマるとどうなるか?…破産)。

演目はすでに、日本でも有名になったアルフレッド・ウーリーの戯曲「ドライビング・ミス・デイージイ」、418席の紀伊国屋ホールは芝居を見るにはちょうど良い大きさ。

D281431557212064

草笛光子と市村正親が好演。 違和感なくすんなりと受け入れられた。1960年代のアメリカ、公民権法が施行されたとはいえ、まだまだ人種差別のある時代。ユダヤ系の旧教師の彼女と読み書きのできない黒人の運転手の彼。ユーモアもあり、後味が良く、翻訳も良かった。 今後も、テネシー・ウイリアムズの「欲望という名の電車」並みに再演が継続されそうな気がする。 芝居は生もの、演じる方も観る方も、ある種の緊張感が漂う。そこがいい。

 

0509

2006年には仲代達也と奈良岡朋子が好演。

6mhn2zrvn3ukm3nb0p3ryphxmi36qjokcawt6jkm  

映画ではジェシカ・タンデイとモーガン・フリーマンが共演

Yjimage  

脚本 : アルフレッド・ウーリー 

 

 

 

« かたつむりの季節 | トップページ | 何処かで会ったような・・・ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« かたつむりの季節 | トップページ | 何処かで会ったような・・・ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30