フォト
無料ブログはココログ

« 半世紀前の『辞書』 | トップページ | フェンスの中の群生 »

2017年5月 9日 (火)

5月1日 ~ 関東で中間放射線量上昇

追記 

 下記、たんぽぽ舎の引用文に対し、放射能は浄水器を通しても効果はない!との指摘がありました。 確かに、煮沸してもろ過しても通過してしまうのです、それ故、扱いにくいシロモノ。 ペットボトルの水が安全か? といえばそれも??? 普通の使い捨てマスクをしたところで??

だからベストな方法はなるべく遠くへ逃げるしかないのでしょう。 除染のため削り取られた物質はどこへ行くのでしょう。 海へ流れるか沈殿して半減するのを待つことになるのか。 まあ、こういう記事は大きなオセワということになるのかも・・・・。

たんぽぽ舎のホームページはこちら ➡ http://www.tanpoposya.com/   

フクシマ原発帰宅困難者地域、浪江の山火事の報道はされたけれど、肝心な線量の情報が見えてこない。たんぽぽメールマガジンによれば、かなりの放射能が関東まで飛んで来ているとのこと。あわてて、本日、わが家の空中線量計で測定したら、ベランダで0.09室内で0.05と上昇していました。

ここしばらく、風向きは太平洋に・・・と祈ります。 決してアッチの方だけの問題ではないのです! (わかったかナ?元大臣ドノ!)

K10010969201_1705022036_1705022043_
                         photo by NHK

0672183b3616fa1133d17332dca2bc3d
        東京都の線量グラフ: ピークの山は5月1日


clip   1週間後までは放射能を防ぐ日常生活にしてください
   4月29日に福島県浪江町の十万山で発生した山火事は
   大きく広がり消えていません。

         
 原発から10kmの山で大規模な山火事が起きていることは、原発事故に近い規模の汚染が発生していることを意味します。
放射性ガスは発生しませんが、放射能が付いたチリが飛んできます

さいたま市与野本町にある編集部では、通常0.07~0.08マイクロシーベルト/hを示す値が、今は0.08~0.1マイクロシーベルト/hになったので、かなりの放射能が関東まで飛んで来ています。
この山火事が鎮火して、1週間後までは放射能を防ぐ日常生活にしてください。

・外出時は防塵マスクを付けてください。
・雨にはできるだけ濡れないように。
・洗濯物を外に干してはいけません。
・空気清浄機は、フィルターを新しくして強めのモードに。
飲用水は浄水器を通したものか、ペットボトルを飲みましょう。
・野菜は、ハウス野菜を選びましょう。clip

★ 科学者の友人が言った: 「朝鮮のミサイルが飛んでくることより放射能が飛んでくることを憂慮すべきだ」と。

« 半世紀前の『辞書』 | トップページ | フェンスの中の群生 »

考えるチャンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436216/70457327

この記事へのトラックバック一覧です: 5月1日 ~ 関東で中間放射線量上昇:

« 半世紀前の『辞書』 | トップページ | フェンスの中の群生 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31