フォト
無料ブログはココログ

« 酒屋のオジサンが「再生可能エネルギーに着手」 ~ 会津電力 | トップページ | 地球は右へ右へと回転しているのだろうか・・・ »

2017年2月15日 (水)

イスタンブルのチョコの老舗 ~ 「Mabel」

創業は1947年というトルコで最も老舗のチョコレート専門店、まーべるの店名はフランス語の「ma belle = 私の美しい人」、黒人少女のマークで知られており、当時デザイナーとして働いていた美しいフランス系黒人が名付け親だという。

42385385_s8bcwixctt1zpdslsqdijjbkpo

西洋菓子がイスタンブルに入ってきた1900年代初頭、パテイスリーもほとんどがギリシャ系の住民だったのだとか。  友人からイスタンブルから何か欲しいものない?といわれたので、Mabelのチョコレートを依頼、チョコは無事到着。

早速、トルコ通のオジサンにプレゼント。 オジサンは早速開けて、「ホワイトチョコですね」と口に入れたのがだが・・・・「歯に挟まる・・・・入歯が外れそう・・・」というので、よ~くパッケージを読んでみたら。  

ナント「ガム」であった! 届けてくれた友人もチョコだと信じて疑わなかったとのこと。 チョコの老舗がどうして「ガム」なんぞ売るんだ!と文句を言ってもはじまらない。 深くお詫びし、代わりに「桜餅」を差し上げた。果たして、入れ歯の具合はどうだろうか?

R0018398               確かにSAKIZ(ガム)とある・・・・








« 酒屋のオジサンが「再生可能エネルギーに着手」 ~ 会津電力 | トップページ | 地球は右へ右へと回転しているのだろうか・・・ »

おいしいもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イスタンブルのチョコの老舗 ~ 「Mabel」:

« 酒屋のオジサンが「再生可能エネルギーに着手」 ~ 会津電力 | トップページ | 地球は右へ右へと回転しているのだろうか・・・ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30