フォト
無料ブログはココログ

« 『イスタンブルのチューリップ姫』 ~ 楽園に落ちた最初の雨の雫 | トップページ | 『ここはどこ?』 ~ 昔の場所に行ってみたら  »

2016年4月24日 (日)

悲痛で残酷な愛 ~ 映画「さざなみ」

久しぶりにシャーロット・ランプリング主演の映画を観た。 「愛の嵐」や「さらば愛しき人よ」の涼しい眼はいまだ健在。 原題は「45 years」。つまり結婚45年目を迎えた夫婦を突然過去が襲う。 若き日に夫は恋人と共に山を愛し、恋人は遭難した。

幸せな結婚生活の45周年記念日を迎えようとしていた矢先、旧恋人のアルプスでの発見の知らせが届く。夫の動揺が妻に伝わる。 「僕はこんなに老いたのに、彼女はあのときのままだ」とつぶやく。

Sub4_small_large
               45年をともに過ごした夫婦に激震が・・・・・

Sub22_small_large

シャーロットの演技が抜群特に最後のシーンは迫真に迫るものがある。妻は嫉妬のさざなみに悩まされ続けるのだろうか?だとしたら、なんと残酷な晩年になることか・・・・・・。

かって、某映画サークルに属していた時に、メンバーの一人が「愛したら死ぬことです。限りなく続く永遠の愛、それは死です」というエッセイを書いて、熱い議論になった。本人は既婚者なのだが、「僕は浮気はしない、いつも本気なんです」と平然と応じていたことを想い出した。今頃は多分、同じ妻と45周年を迎えているのかもしれない。

Poster2

★ 巨匠ヴィスコンテイは「愛の嵐」悲痛で残酷で恐ろしいほどの傑作!と評したが、正に、再びの傑作ではないだろうか。

Th29vwmobi
                     「愛の嵐」の時のシャーロット

« 『イスタンブルのチューリップ姫』 ~ 楽園に落ちた最初の雨の雫 | トップページ | 『ここはどこ?』 ~ 昔の場所に行ってみたら  »

映像散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悲痛で残酷な愛 ~ 映画「さざなみ」:

« 『イスタンブルのチューリップ姫』 ~ 楽園に落ちた最初の雨の雫 | トップページ | 『ここはどこ?』 ~ 昔の場所に行ってみたら  »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31