フォト
無料ブログはココログ

« 『二十歳の声』 ~ 解散騒ぎより必要な情報を | トップページ | 『細雪』 トルコ語に翻訳 ~ NAZLI KAR »

2016年1月31日 (日)

孫娘のために ~ 「猫と水仙」

今日は1月最後の日、ここ数日はかなり寒さを感じる。これも加齢現象と済ませるべきなのか・・・毎晩の湯たんぽがかかせない。

120pxunripe_almond_on_tree
この画は兄が孫娘のために描いた孫の誕生花、「水仙と愛猫」。  昨年10月、肺がん手術後、少しずつ日常に戻りつつ明日の死を覚悟しつつ日を過ごしているようです。

それが、たくましくもあり、痛々しくもあり、いつも爆弾を抱えているような不安を感じながら、またカレンダーを一枚めくることになりました。

« 『二十歳の声』 ~ 解散騒ぎより必要な情報を | トップページ | 『細雪』 トルコ語に翻訳 ~ NAZLI KAR »

花植物と動物」カテゴリの記事

コメント

お兄さんの猫はシャムかしら?
ほのぼのとした孫娘への愛情が感じられます。
水仙いっぱいで香りがただよってくるようです。
でも、術後養生中ということで、どこか緊張した猫くんの表情は
せつないです。
はやく病気を完全に克服して長生きしてほしいと思います。

junjun

シャムとヒマラヤンのハーフのようです。
長毛で臆病で抱っこが嫌いな気難しい猫のようです。 それでも、同居して10年も過ぎると愛の対象となるのでしょう。
孫娘の部屋を訪ねたら、画は埃だらけになっていたので、忠告したけど、
今時の若い子は「まごころ」を何と思っているのでしょう・・・・・┐(´д`)┌ヤレヤレ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 孫娘のために ~ 「猫と水仙」:

« 『二十歳の声』 ~ 解散騒ぎより必要な情報を | トップページ | 『細雪』 トルコ語に翻訳 ~ NAZLI KAR »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30