フォト
無料ブログはココログ

« さすが巴里! ~ COP21のポスター | トップページ | 「恩師を訪ねて」 ~  箱根板橋へ »

2015年12月 7日 (月)

「ミニチュアの世界」

実物よりかなり小さいモノを見ると嬉しくなる。 「不思議の国のアリス」や「ガリバー旅行記」などの絵本を目を輝かせて読んだ子供の頃のことを想い出す。 なんと言ってもイギリスはウインザー城の「ドールハウス」は最高! 庭のホースや雑巾までもミニミニサイズで再現されているのだから・・・・女の子たちは歓声をあげて見学していた。

暗い時代にこんなものを見ていると心が安らぐ気分になる。 箱庭療法?

002

宮廷舟:4月にイスタンブルの「海の博物館」を訪ねたときに、トルコの友人からのプレゼント。 オスマン時代はこんな風に星や月を眺めながら、スルタンとハレムの女たちがボスポラス海峡をゆらゆらしていたのでしょう。

014
京劇のマスク: 能面のようにマスクによって役柄があるのだろう。 じっと見ていると其々表情の違いがあって楽しい。中国のお土産。

004_2
家具: かなり前に、箱根でお年寄りが輸出向けに製作しているという家具を見つけた。 他にもテーブルやピアノ、本棚など集めていたのだが。 トルコの友人の結婚祝いに所帯道具として一式プレゼントしたはず。 なのに、一つだけ残っていた。 引き出しも開くので、貴重品(ミニサイズ)を入れて置こうか?

« さすが巴里! ~ COP21のポスター | トップページ | 「恩師を訪ねて」 ~  箱根板橋へ »

おきにいり」カテゴリの記事

コメント

ハイ! 
絢爛豪華な舟がたくさん展示されていました。いずれ、ブログ掲載予定です。

「海の博物館」なんてすてきですね。
本物も展示されているのでしょうか? 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ミニチュアの世界」:

« さすが巴里! ~ COP21のポスター | トップページ | 「恩師を訪ねて」 ~  箱根板橋へ »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29