フォト
無料ブログはココログ

« 「虹の階段」 ~ イスタンブル | トップページ | お凶を求める戦争法師 »

2015年7月 3日 (金)

久しぶりのトルコ映画 ~ 『雪の轍(わだち)』

待ちに待った、トルコ新進気鋭の監督、ヌリ・ビルゲ・ジェイラン(Nuri Bilge Ceylan)の作品がやっと上陸。 字幕で公に観賞できるのもカンヌ映画祭、パルム・ドール受賞の賜物に相違ない。 (2012年には監督賞も受賞)

小さな映画館だし、おそらくガラガラだろうと予想したら、何と満席。3時間15分という長編にも関わらず、居眠りしている人はいなかった。 

200
人間の心を深く描き出し、映像にも登場人物にも全く無駄がない。 まるで、巨匠ビスコンテイとベルイマンが甦ったような・・・・・これは、かなりの秀作であり、哲学だ! 考えるヒントが散りばめられている。 あらすじを言うのは野暮、ぜひ映画館へ。

Yukinowadachi20150606add_02

原題は「冬の眠り」、決して明るくはないけれど、トルコ特有のしつこさ = 理屈っぽさもあり、見終わって、『雪の轍』の方が、適していると思った。 舞台を見ているような錯覚をも覚える。 原案はチェーホフ。

027
       
Celayn監督
: 1959年イスタンブル生まれ、15歳にして映像に夢中になる映画っ子。自ら脚本を書き、俳優でもある。これを機に他の作品群も是非鑑賞したいものです。

■ヌリ・ビルゲ・ジェイラン映画祭2015
開催期間:2015年9月29日(火)~10月3日(土)
会場:アテネ・フランセ文化センター(御茶ノ水)
上映作品(予定):『カサバー町』(1997)、『冬の街』(2002)、『うつろいの季節(とき)』(2006)、『スリー・モンキーズ』(2008)、『昔々、アナトリアで』(2011)
※シンポジウム実施予定。
【問い合わせ先】
アテネ・フランセ文化センター
TEL:03-3291-4339

« 「虹の階段」 ~ イスタンブル | トップページ | お凶を求める戦争法師 »

映像散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりのトルコ映画 ~ 『雪の轍(わだち)』:

« 「虹の階段」 ~ イスタンブル | トップページ | お凶を求める戦争法師 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31