フォト
無料ブログはココログ

« 水無月の花 ~ 芍薬 | トップページ | 『トルコ文学越境』 ~ 都の西北にて »

2015年6月17日 (水)

ゲリボル半島のワイナリー

今年は第一次世界大戦で英仏軍とオスマントルコ軍が戦った独立戦争(ガリポリの戦い=チャナッカレ戦争)から100年目にあたり、あちこちで記念式典が行われている。

B_9x5ucai_i9z_3

このワイナリー(SUVLA)の地(Acabat)はまさに、戦場だったところでもあり、トロイ遺跡も目と鼻の先。 

093
       静かな田舎道を歩いていると、ワイナリーの矢印が道案内してくれた

091

2009年にオープンした家族経営のワイナリーはKilyeというブランドのオリーブオイルも生産している。 平日だったので、他に客はいなかった。

075
                    ガラス越しに樽が見える

074
              古い圧搾機がワイナリームードを漂わせている
083
トルコはイスラム国だから酒は造らないだろう・・・・ナンテ思っているのは誰? ワインの歴史はおふらんすより古いかも・・・。

077
一見普通のパスタですが・・・・ほっぺたが落ちそうなくらい美味しい! オリーブがこんなに美味しいと思ったことはなかった。

076
              キョフテ(ハンバーグ)もグレードが高い!

078
食後に友人は普通の珈琲を、自分はエスプレッソを、オリーブの木皿にオマケのクッキーも美味しかった! 決して安くはなかったけれど、大満足! 

079

売店にはワイン・オリーブオイル・ジャム等が天井からズラット並んでいる、地震の時どうするんだろう・・・と心配になった。 インシャラー!

089
                これもまた、古いワイン用器具

088_2
                     葡萄を運んだ荷馬車

097_2
                 辺りには羊が放牧されて、長閑

094
         今にも倒れそうな古い家、物置小屋として使っているらしい

099
        羊の番犬か?  お人よしならず、お犬よしの顔をした犬たちが

100_2
                  こっちを見て、吠えもせず
103_3
             崩れた家?と思ったら、現役の小さな煉瓦工場らしい

106
    街中で美味しそうなパンを売っていたので買いました=美味しかった!

« 水無月の花 ~ 芍薬 | トップページ | 『トルコ文学越境』 ~ 都の西北にて »

旅の風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゲリボル半島のワイナリー:

« 水無月の花 ~ 芍薬 | トップページ | 『トルコ文学越境』 ~ 都の西北にて »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31