フォト
無料ブログはココログ

« 古典オペラ 『オルフェオ』 ~ モンテヴェルデイ | トップページ | シイタケ農家と放射能 ~ フクシマからチェルノヴィリへ »

2013年12月11日 (水)

シイタケ農家と放射能 ~ 太郎と花子の物語(人形劇)

原発から40キロに住むシイタケ農家の夫妻をモデルにした、人形劇「太郎と花子の物語」が12月5日、水道橋「スペースたんぽぽ」で開催された。 

人形劇を演ずる大河原多津子さんは無農薬野菜を28年間作ってきて、農閑期には人形劇団を運営してきたそうである。 一時、人形劇団「プーク」に所属していただけあって、人形も舞台も手作り、語りも上手、台詞もしっかり田舎弁。

会場には東京在住の互いに年を重ねた幼馴染が大集合、過去の田舎へタイムスリップ!

033_2

            太郎と花子は結婚して、シイタケ農家を始めました

038

                      子育ても終わり

037

         栽培も軌道に乗って「山のアワビ」とまで言われた肉厚シイタケ

042

                      突然悲劇は訪れた

044_2

                日本の未来を案ずる老いた太郎と花子

030

              モデルになった宗像幹一郎・基子さん御夫妻

032_4

秘密のシンちゃんは早くもフクシマを忘れ、原発再稼働へと舵をと取っていくことを宣言。一体どんな未来を描いているのやら・・・・・原発の怖さを知らない=無知な野郎としか言い様がないヽ( ゚ω゚)┘ハァームチムチを選んだのは誰???

 

« 古典オペラ 『オルフェオ』 ~ モンテヴェルデイ | トップページ | シイタケ農家と放射能 ~ フクシマからチェルノヴィリへ »

考えるチャンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シイタケ農家と放射能 ~ 太郎と花子の物語(人形劇):

« 古典オペラ 『オルフェオ』 ~ モンテヴェルデイ | トップページ | シイタケ農家と放射能 ~ フクシマからチェルノヴィリへ »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31