フォト
無料ブログはココログ

« 雨の奥多摩へ ~ 昭和の宿 「河鹿園」 | トップページ | ジワジワと生態系破壊 ~ 放射能汚染 »

2013年8月 1日 (木)

イタリア語が聴こえる ~ 青梅線『御嶽駅』

  雨の奥多摩散策を諦めて、御嶽駅に行くと10数人の老若男女の外国人がいた。御嶽神社帰りのイタリア人の集団、なんと、40年前にひと夏を過ごしたフィレンツエにある柔道スクール(当時はなかった)の人たちだった。殆ど忘れていたイタリア語を想い出しながら少しずつエンジンがかかって盛り上がってきた。 

019_4
              これから京都とヒロシマへ行くのだという

018_2
               イタリア人は陽気で食いしん坊で楽しい

020
40年前は僕たち生まれていなかったというこの青年たちは剣道3段でオレンジ帯だとか、 フィレンツエは街自体が美術館のようなものだから、住む人々は変わっても街の状況は変化していないらしい。 あああ・・・イタリアへ行きたくなった

021
一人のオジサンから革製の栞(フィレンツエの百合の花)を頂いた。 お返しにNO NUKESバッジをプレゼント。名前もメールアドレスも訪ねないまま別れてしまった。 つかの間のはかない国際交流・・・・・ Buon viyaggio!

« 雨の奥多摩へ ~ 昭和の宿 「河鹿園」 | トップページ | ジワジワと生態系破壊 ~ 放射能汚染 »

旅の風景」カテゴリの記事

コメント

あの街は世界中の若者が集まっていて、いろんな国際カップルが生まれていました。 そういえば、ドイツ男にモーションかけられたことがあった、同じ男だったりしてネ
 !!w(゚o゚)w  遠い日の記憶デス。

私の母の従妹は、やはり40年ぐらい前にフィレンツェでイタリア語を学んでいました。
そこで出逢ったドイツ人と結婚して、今はドイツ在住。
縁は異なもの味なもの。
今回の出会いがまたどこかで繋がるかもしれません。
栞が結ぶ運命の赤い糸…キャー  なんてね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イタリア語が聴こえる ~ 青梅線『御嶽駅』:

« 雨の奥多摩へ ~ 昭和の宿 「河鹿園」 | トップページ | ジワジワと生態系破壊 ~ 放射能汚染 »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31