フォト
無料ブログはココログ

« そして AKIKO は・・・・・  あるダンサーの肖像 | トップページ | せんきょに GO! »

2013年7月15日 (月)

ポーランドからのおみやげ

昨年、アンネ・フランクの旅としてオランダを訪ねた友人夫妻が、今年はその続編としてのポーランドの旅から帰国した。 お土産はアウシュヴィツの絵葉書と絵付きローソクと木彫りの雌猫。

周囲からどうしてポーランドなの?アウシュヴィッツなんて怖~い!他に行くところはないの? めづらしい所に行くのね~・・・・と散々言われたらしいけれど、心に残る良い旅になったとのこと。

009

日本人には馴染みのない東ヨーロッパ、特にポーランドに至ってはいまだに不人気らしい。 ハワイへ行ってもパールハーバーを訪ねる人はほんの僅か、余りにも事なかれ主義の平和ボケ。コレって日本人のDNAなのか、それとも国策でブラインドを下ろされているからなのか、ヒロシマ・ナガサキも8月にテレビの黙祷シーンでチョロッと想い出すだけ。   もはやフクシマも忘れたがっているではないか・・・・ 

不都合な記憶は水に流し、前向きに忍耐強く生きる! この方式には違和感を覚える。 少しは自分以外の心の痛みを感じて生きなくてはと思うのだが、ヤボなことなのだろうか?

001

絵葉書は冬のシーンが多かったが、気の遠くなるような近代史が心に甦る。 博物館の訪問者は加害者側に立つドイツ人が一番多いと聞いたけれど、現在もおなじなのだろうか?  

008

007


クラコフ生まれなのでクラコと命名、後姿も木彫りらしさが出て、なかなかチャーミング。 今夜は一緒ににショパンを聴いてみよう♪

006

                  クラコはかなりの美猫 

« そして AKIKO は・・・・・  あるダンサーの肖像 | トップページ | せんきょに GO! »

旅の風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポーランドからのおみやげ:

« そして AKIKO は・・・・・  あるダンサーの肖像 | トップページ | せんきょに GO! »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30