フォト
無料ブログはココログ

« 『ゆめ』 ~ イタリアングレイハウンド | トップページ | 花オンチ ~ テイカカズラとヘクソカズラ »

2013年5月16日 (木)

『慰安婦と兵隊』 ~ 心に響く詩

本日(5月16日)の東京新聞のコラム「筆洗」は河上政治さん(92)という方の詩が紹介され、「自らが一兵士として列に並び、妻や娘が慰安婦になる姿など想像できないだろう」というコメント。 とても心に響く詩なので掲載することにしました。

Illust973_thumb_4

黒竜江に近い駐屯地に 遅い春が来たころ 毛虱駆除の指導で慰安所に出向いた 

オンドルにアンペラを敷いた部屋は 独房のように飾り気がなく 洗浄の洗面器とバニシングクリームが 辛い営みを語っていた

いのちを産む聖なるからだに ひとときの安らぎを求めた天皇の兵隊は それからまもなく 貨物船に詰め込まれ 家畜のように運ばれ フイリッピンで飢えて死んだ

水銀軟膏を手渡して去るぼくの背に 娘の唄う歌が追いかけてきた

わたしのこころは べんじょのぞうり きたないあしで ふんでゆく おまえもおなじ おりぐらし いきてかえれる あてもなく どんなきもちで かようのか おまえのこころは いたくはないか

 河上政治さんは陸軍の衛生兵、旧満州の慰安所で薬を配って歩いた経験を基に書かれたそうです。


Illust973_thumb_3

« 『ゆめ』 ~ イタリアングレイハウンド | トップページ | 花オンチ ~ テイカカズラとヘクソカズラ »

考えるチャンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『慰安婦と兵隊』 ~ 心に響く詩:

« 『ゆめ』 ~ イタリアングレイハウンド | トップページ | 花オンチ ~ テイカカズラとヘクソカズラ »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31