フォト
無料ブログはココログ

« 「たね蒔きジャーナル」 9月で打ち切り ~ 何故? | トップページ | 元祖 『喫茶店』はイスタンブル発 »

2012年9月24日 (月)

犬と猫のいる風景 ~ トルコの街角

トルコでは野良猫のことを「街のネコ」と表現している。歩いていると殆どが自由な猫たちで、誰かが餌を与えているらしく、増える一方、死んだネコは保健所が取りに来ないので、ゴミとして処理をするらしい。動物の命にたいする考え方の違いなのか・・・。 

犬の場合は保健所が予防注射をしてまた放し飼いにするので、耳に注射済みのパッチンをつけた犬も多い。 夏場は木陰で昼寝をする犬やネコをよく見かける。 勿論リードで散歩をさせているレッキとした飼い主もいる。

  こんな話を聞いて眉間に皺を寄せているあなた!                                                                    日本は「放射能」も「食品添加物」も野放し状態、EUなどに比べ、規定が緩く、世界のイミテーション食品大国らしいですよ~。調べてみましょう。

 R0010288

                イスタンブルのメインストリート近く

Img_1585

                   誰か飼ってくれないかなあ

R0010299

                   犬の午睡、どんな夢をみてるのか・・

« 「たね蒔きジャーナル」 9月で打ち切り ~ 何故? | トップページ | 元祖 『喫茶店』はイスタンブル発 »

旅の風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 犬と猫のいる風景 ~ トルコの街角:

« 「たね蒔きジャーナル」 9月で打ち切り ~ 何故? | トップページ | 元祖 『喫茶店』はイスタンブル発 »

2023年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30