フォト
無料ブログはココログ

« アルザスの双子ちゃん | トップページ | ポーランドの詩人 ~ シンヴォルスカ »

2012年2月21日 (火)

「虞美人草」の首が折れて・・・・

芥子の花は茎が真っ直ぐで、モジャモジャの固い蕾が突然はじけるように開花する。

R0012188   

それが楽しくてつい買ってしまうのですが、透明のガラス器に長~い首を見つめていたいのに・・・・咲くと同時に首がコクンと折れてしまう。 それでお隣の金魚鉢に折れた花を浮かべたら、餌入らずの金魚が文句を言うのです。

R0012190

 いくら酸素不要のボク達だってさ、上から覆われたら気分が悪いよ、高慢なグ美人草め!・・・・ などとわめくのです。

R0012187

             気持ちはわかるので元にもどしてあげることに

R0012184

           漱石の中の藤尾さんもこんなイメージだったのか・・

« アルザスの双子ちゃん | トップページ | ポーランドの詩人 ~ シンヴォルスカ »

花植物と動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「虞美人草」の首が折れて・・・・:

« アルザスの双子ちゃん | トップページ | ポーランドの詩人 ~ シンヴォルスカ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30