フォト
無料ブログはココログ

« 「虞美人草」の首が折れて・・・・ | トップページ | 署名したヒトはサル? »

2012年2月25日 (土)

ポーランドの詩人 ~ シンヴォルスカ

Szymb1996年度ノーベル文学賞受賞者、ポーランドの詩人、ヴィスワァヴァ・シンヴォルスカ (1923~2012)が2月1日、肺がんにより死去という記事が目に留まった。 彼女の詩は読んだことも、名前の記憶すらなかったが、88年という歳月を過酷な歴史の中で過ごしたポーランドの詩人、ということだけでも深いため息が出る。 作品群は詩歌のモーツアルト、深刻な主題にユーモアを持って取り組むなどと評されている。 早速その1冊、工藤幸雄訳「橋の上の人たち」を開いてみることに。   出版社は書肆山田

たばこを指から離さない愛煙家だったそうであるが、そのエレガントな風貌にしばし見とれてしまった。 (写真はノーベル賞受賞記念切手)

タイトルの「橋の上の人たち」は歌川広重「名所江戸百景」の「大はしあたけの夕立」に基づいているという興味深い作品。

他に21作品が集められている。時代の子ども/世紀のたそがれ/ヒットラーの最初の写真/偉人の家/埋葬式/方舟へ/拷問/可能性/われらが祖先の短な一生/死者たちとの謀議/奇跡の青空市/一粒の砂粒のある光景/拷問/始められた説話・・・・ポーランドの現実が星のように散りばめられている。 

  R0012209_2 

 橋の上の人たち

 ・・・・ ヒロシゲ・ウタガワとか名乗る反逆者の力量によって(その人も遠い昔に去るべくして去ったが)時間は躓き倒れたのだ。

あるいはこれも単に無意味な戯れか、たかだか二、三の銀河系に亙る規模のいたずらなのかも そのどれにせよ念のため 蛇足を足せば、次のようになる -ー

以前からここでは絵にほれ込んで 高く評価し、このちっぽけな絵に 後代まで感嘆し、感動すべきだとされてきた。

それだけだは満足しない人たちもいる。 彼らは耳に雨脚の音さえ聞き取り 肩や背に滲み入る滴の冷たさを覚え 橋と人々を眺めて そこに自らの姿を見るように思い 行き着く先のないこの駆け足の 終わりのない道を、いついつまでもと そしてその思い上がりのなかで思い込む これがそのままの現実であると・・・・ 

1_2

« 「虞美人草」の首が折れて・・・・ | トップページ | 署名したヒトはサル? »

読書の時間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポーランドの詩人 ~ シンヴォルスカ:

« 「虞美人草」の首が折れて・・・・ | トップページ | 署名したヒトはサル? »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31