フォト
無料ブログはココログ

« 「いのちのイメージトレーニング」 田中美津 ~ 新潮文庫 | トップページ | 支援活動とは »

2011年8月26日 (金)

ボズジャ島のワイン ~ (Bozucaada-トルコ)

 人口の99%がイスラム教徒のためアルコール飲料は推奨されないとはいえ、トルコの葡萄栽培面積は世界4位。生産された葡萄の殆どは生食・干葡萄用でワイン用はわずか3%。 ダーダネルス海峡入り口のボズジャ島(テネドス島=ギリシャ名)もその一つである。

R0011002                    船が近づくと城が迎えてくれる

R0011023          昔、ワイナリーやワイセラーだったところをペンションにしているところも多い

 訪ねたのは気軽に見学させてくれる「TALAY」というワイナリー。ワインセラーもあり、試飲も可能、 アチコチ飲み歩いてお城で昼寝というパターンも。この島を訪ねたら、手ぶらで帰ってはならない、必ずワインボトルを提げなくては・・・・・。

R0011031_3                      タイルのロゴが素朴

R0011017                   今は使用されていない葡萄圧縮機

R0011016                     現在稼働中の圧縮機

R0011012                       ワインのミイラ?

イスラム以前からワイン醸造は盛んで、この島はギリシャ神話の舞台でもあり、静かな冬にはホメロスの「イリヤスとオデッセイ」を多言語で読む会が開催されるという。岩波少年文庫の日本語を読まされたという日本人の話を聴いた。

R0011026                  路上には真っ赤なフォルクスワーゲンも

« 「いのちのイメージトレーニング」 田中美津 ~ 新潮文庫 | トップページ | 支援活動とは »

旅の風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボズジャ島のワイン ~ (Bozucaada-トルコ):

« 「いのちのイメージトレーニング」 田中美津 ~ 新潮文庫 | トップページ | 支援活動とは »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30