フォト
無料ブログはココログ

« さくらは咲いたけれど・・・ | トップページ | 平井憲夫さんの遺書 »

2011年4月15日 (金)

ふるい着物

 古い着物をどうしようか・・・と困っている方は以外に多いのではないだろうか?

いずれ着るチャンスがあるだろうと50年以上箪笥に保管した挙句、娘も孫も、興味がないとのことで数枚の古い着物が送られてきた。 棄てるよりは裂いて『裂き織り』をして何か小物でも作ろうと思ったのだが、撫で回しているだけでなかなか「裂く」ことができない。

R0010719  

 解体しながらその製作の細やかな一針一針・・・・昔の「女の手仕事」に感動!  着物は解くと折り紙のように一枚の布になる。何度も縫い直しができて、染め直しもできて、親子三代まで着られる。最終的には紐に裂いて「ボロ織り」をすれば、最後の最後まで棄てられることはない。 幅も決まっていて日本の合理性が終結したものなのよ・・・と柳宗悦の直弟子の方が言っていた。 

R0010721

 骨董市ではまだ仕付けの付いたままの着物が売られている。お年寄りが亡くなると桐箪笥ごと棄てる人も少なくないのだとか。 最近、レトロ着物愛好家も増えて、それなりの着物屋も見かける。 一式ザット3万円也!

それでも棄てられるより着物はシアワセだと思う

R0010720

« さくらは咲いたけれど・・・ | トップページ | 平井憲夫さんの遺書 »

種々雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふるい着物:

« さくらは咲いたけれど・・・ | トップページ | 平井憲夫さんの遺書 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30