フォト
無料ブログはココログ

« オスマン時代の古民家 (Beypazar) | トップページ | 親日国トルコへ原発輸出 »

2011年2月12日 (土)

皇居の内堀ウオーキング  ~その1~

冬枯れの国会議事堂:

葉が落ちた木々の間から国会議事堂が見えた。 外観は閑散としているが、中は犬猿が罵り合い、いがみ合って何も決まらない。穴のあいたドラム缶のオイルがポタポタ流れおちて、気がついたら空になっているようなことになら無ければよいが・・・・果たしてわれわれの血税はどこへ流れるのだろう? そんな思いに浸りながら歩いた。

R0010688_2

大英帝国大使館

皇居周辺は東京の一等地、なにやらドーンとした西洋建築、ユニオンジャックがはためいていた。この国は母国語を世界共通語にしてしまうほどの権力を所有した。 紳士淑女の国というのは果たして真実かどうかはわからないが、一体誰が何を根拠に言い出したのだろうか・・・

R0010692

赤い椿:

緑の消えた路傍に小さな赤い椿が埃にまみれて咲いていた。

R0010694_3 

« オスマン時代の古民家 (Beypazar) | トップページ | 親日国トルコへ原発輸出 »

種々雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皇居の内堀ウオーキング  ~その1~:

« オスマン時代の古民家 (Beypazar) | トップページ | 親日国トルコへ原発輸出 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30