フォト
無料ブログはココログ

« 原発って何? ・・・・・・・ 考えるチャンス | トップページ | 皇居の内堀ウオーキング  ~その1~ »

2011年2月 9日 (水)

オスマン時代の古民家 (Beypazar)

オスマン時代の民家がまだまだ現存している地方では豪農や豪商の古民家をペンション・ホテルや博物館として活用している場合が多い。 その殆どが3階建ての木造建築で下が石積みになっている。

R0010401                                                         

 R0010425

                     大雨が降ると川になる坂道

R0010426

貧しい人たちが自由に取れるように、食べ物を置いていたという玄関脇にある戸棚、どんな食べ物が置いてあったのだろうか・・・イスラームでは喜捨(富める者は貧しき者に施す)という精神がある。

R0010440

          冬の部屋: 長い冬にはカラギョズ(影絵)などをして楽しんだという

 

R0010388_3

ペンションの朝食: パンとチーズとオリーブそれにチャイ(紅茶)は不可欠。 日本同様座って食べる、といっても正座ではない。ちなみに室内では靴を脱ぐのが常識、破けた靴下で恥をかくことも・・・・・

R0010419 R0010436_2

 

« 原発って何? ・・・・・・・ 考えるチャンス | トップページ | 皇居の内堀ウオーキング  ~その1~ »

旅の風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オスマン時代の古民家 (Beypazar):

« 原発って何? ・・・・・・・ 考えるチャンス | トップページ | 皇居の内堀ウオーキング  ~その1~ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30