フォト
無料ブログはココログ

« もり あきこ 手織服展 | トップページ | でっかいキャベツと長~いカボチャ (Nallihan) »

2010年12月12日 (日)

ニンジンの街 (Beypazar)

首都アンカラからバスで2時間、オスマン時代の古い木造の家が立ち並ぶ内陸の街、Beypazar。 街の中央には何故かニンジンタワーが建っている。  古い路地を歩くと昔ながらの店が軒をならべる中、おばさんがニンジンを搾って売っていた。 リンゴやレモンを全く入れない純粋なるニンジンの手絞りジュースをペットボトルに入れてくれる。 ニンジン独特の匂いもなく甘くて美味しい。 ジュースを飲みながら街を散策していると「口の周りが赤いよ」と笑われた。  みじん切りのドライニンジンでピラフとスープを作ってみた。 それがまた甘味があって美味しいのだ。 いわゆる町興しの一環らしいが何故ニンジンなのか? 確認するのを忘れた。

R0010449_2

R0010453_2 R0010450   

« もり あきこ 手織服展 | トップページ | でっかいキャベツと長~いカボチャ (Nallihan) »

旅の風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニンジンの街 (Beypazar):

« もり あきこ 手織服展 | トップページ | でっかいキャベツと長~いカボチャ (Nallihan) »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30