フォト
無料ブログはココログ

2017年5月28日 (日)

オリーヴの花がたくさん ~  でも実はならない

わが家のオリーヴの木が10年目にして花がたくさん咲きそう。 さては自家製おりーヴ漬けができるか・・・と思いきや、別の木がないと受粉しないとのこと。 木を求める時は同時に2本植えると、風が受粉を助けてくれるらしい。オリーヴは西洋、特にギリシャやスペイン、トルコの雰囲気があって、エキゾチック。 平和のシンボル、鳩がくわえている葉っぱはオリーヴ。なんとなく幸せを呼びそうな気がする。

R0018637_2
       まだまだつぼみだけれど、あふれんばかりの咲き具合


R0018348
         5年遅れの2本目の木にはまだ花が咲かない

2017年5月20日 (土)

こんなことになりませんように ~ 民主主義って?

Y紙と共謀して・・・・・・・・・・ヤレヤレ -( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

R0018632_2

このヒトとその一味がアレヨアレヨという間に、良からぬことをどんどん決断していく・・・。 決断力のある男と認知され、やがて赤紙がメールでやってくる 日が近いのかも。 それにしては国民は、ノー天気。

質疑応答に登場する先生方のノー細胞も白骨化しているのでは?

見ても見えない、聞いても聞こえない、言いたくても言えない・・ナンテまるで日光のサルになれ!ということ?

R0018641_3
                佐藤正明 東京新聞 2017.05.20




2017年5月16日 (火)

サイケデリック  ~ 新国立美術館

初めての新国立美術館、混雑が予測されたので、朝一番に出向いた。 帰りには入場者の行列が。 草間彌生氏の作品は本物を見なくても、見た気分になっていたけれど、この人気のすごさは何なのだろう・・・。

20170321_085816_2

           美術館入り口の木々まで水玉模様!

20170510_103817

                そしてカボチャも・・・・

20170510_103817_3
              一部を除いて、撮影可

Yayoi_2

会場の真ん中には色彩鮮やかなオブジェが陳列、かつての「サイケ調」を彷彿させる。

LSDをアメリカで試みたという人が言っていた「それは魅力的な世界なんだ、なんでも思う通りになるんだ、花も笑うんだよ・・・」当時、多くのアーテイストたちが、溺れてサイケデリックアートを創作し、早世した史実が想い出される。

草間彌生のパワーに押しつぶされそう・・・・・。 5月22日まで

2017年5月12日 (金)

フェンスの中の群生

最近、人並みに外科への通院が始まった。徒歩も運動のうちと一駅歩くことにした。途中、ガード下のフェンスの中にカワイイ黄色い花の塊が、まるで牢獄から手を出しているかのようだ。

20170414_173914_2
わが家の花壇にも見受けられる雑草=「かたばみ」の群、ぺんぺん草なら見過ごされるところだけれど、明視度の高い「黄」なればこそ、足を止めたくなるのだ。

2017年5月 9日 (火)

5月1日 ~ 関東で中間放射線量上昇

追記 

 下記、たんぽぽ舎の引用文に対し、放射能は浄水器を通しても効果はない!との指摘がありました。 確かに、煮沸してもろ過しても通過してしまうのです、それ故、扱いにくいシロモノ。 ペットボトルの水が安全か? といえばそれも??? 普通の使い捨てマスクをしたところで??

だからベストな方法はなるべく遠くへ逃げるしかないのでしょう。 除染のため削り取られた物質はどこへ行くのでしょう。 海へ流れるか沈殿して半減するのを待つことになるのか。 まあ、こういう記事は大きなオセワということになるのかも・・・・。

たんぽぽ舎のホームページはこちら ➡ http://www.tanpoposya.com/   

フクシマ原発帰宅困難者地域、浪江の山火事の報道はされたけれど、肝心な線量の情報が見えてこない。たんぽぽメールマガジンによれば、かなりの放射能が関東まで飛んで来ているとのこと。あわてて、本日、わが家の空中線量計で測定したら、ベランダで0.09室内で0.05と上昇していました。

ここしばらく、風向きは太平洋に・・・と祈ります。 決してアッチの方だけの問題ではないのです! (わかったかナ?元大臣ドノ!)

K10010969201_1705022036_1705022043_
                         photo by NHK

0672183b3616fa1133d17332dca2bc3d
        東京都の線量グラフ: ピークの山は5月1日


clip   1週間後までは放射能を防ぐ日常生活にしてください
   4月29日に福島県浪江町の十万山で発生した山火事は
   大きく広がり消えていません。

         
 原発から10kmの山で大規模な山火事が起きていることは、原発事故に近い規模の汚染が発生していることを意味します。
放射性ガスは発生しませんが、放射能が付いたチリが飛んできます

さいたま市与野本町にある編集部では、通常0.07~0.08マイクロシーベルト/hを示す値が、今は0.08~0.1マイクロシーベルト/hになったので、かなりの放射能が関東まで飛んで来ています。
この山火事が鎮火して、1週間後までは放射能を防ぐ日常生活にしてください。

・外出時は防塵マスクを付けてください。
・雨にはできるだけ濡れないように。
・洗濯物を外に干してはいけません。
・空気清浄機は、フィルターを新しくして強めのモードに。
飲用水は浄水器を通したものか、ペットボトルを飲みましょう。
・野菜は、ハウス野菜を選びましょう。clip

★ 科学者の友人が言った: 「朝鮮のミサイルが飛んでくることより放射能が飛んでくることを憂慮すべきだ」と。

2017年4月29日 (土)

半世紀前の『辞書』

本棚の片隅に転がっているヨレヨレの手のひらサイズの辞書。 研究社の「新英和小辞典」入手したのは半世紀前の春、皮革製で表紙はぽろぽろ。 

人生の終焉に先駆けて、整理をしなければと思いつつ、想い出の品々に触れるとなかなか捨てる踏ん切りがつかなくなる。

016_2

この辞書をリュックに入れて最初に外国の土を踏んだ。 以来、いつも旅のお供だった。もはや文字が小さすぎて、虫眼鏡が必要。

012

この辞書の贈り主は当時サンフランシスコから旅行に来ていたストーン夫妻。「八芳園」の立礼茶席で知り合った。つたない英語が通じて感激した瞬間である。

時々美しい日本とあなたを想い出していますよ」 などと書かれるとお世辞でも嬉しくなった。写真を撮って送ってあげて、以来夫人とはしばらく文通が続いた。サンフランシスコでの再会を夢見て・・・(残念ながら、いまだにアメリカの土は踏んでいない)。

017_2
卒業祝いにと、手紙の中に5ドルの紙幣が送られてきた。当時は1ドルが380円! 何か記念になるものを・・・と、この辞書を購入したのだった。

とっても優しそうな夫妻だった。 今考えると、仕事を終えた定年旅行だったのだろう、今の自分と同じように。 もはや故人となっている夫妻との忘れがたいヒトコマ=青春の想い出である。

2017年4月22日 (土)

春の盛り ~ 「ちゅーりっぷ」 

今年の桜は寒暖の差のなかで、緩やかに終わった。 花壇には昨年のチューリップたちが、無造作に咲き始めた。 忍耐強いちゅーりっぷは椿などとは違って簡単に首を落とさない。咲いたりしぼんだり・・・けっこう長期間楽しませてくれる。

R0018613_2

ここは紫のコーナー: 

ボロマンションながら、春は食事をしながら花を愛でる贅沢が味わえるのが取り柄。 それなのに、花壇の手入れは極めて疎かなのである。

R0018611_5R0018606_5

どちらが本物だろう・・・・左手は10年ぐらい前、イスタンブルの通称「フランス通り」で見つけた造花、右手は昨年の球根がそのまま開花した、けなげなミニサイズ。 きっと親戚に違いない🌷🌷🌷🌷🌷
















2017年4月16日 (日)

『あんぽんたん』  ~ アベシアター

タレントたちと無邪気にはしゃいで花見をするA夫妻の写真が大新聞に掲載されていた・・・・・・もはや「オレの前にオレはいない!」天下人のつもり? 

数日前には東大法学部出のアノ復興大臣を伴ってフクシマ原発地元に出向き、焼きそばなどを何食わぬ顔で食べている映像が流れた。 地元のばあさんたちが首相と喜んで、握手をしていた。

子供時代を過ごした福島ではケンカすると、「あんぽんたん」と言い合ったものだ。映像が真実なら、フクシマ人もあんぽんたん!  つける薬はナイ!

Bbzrdu7_3
                                                   photo by ASAHI

R0018560

巷の主婦層では「だって、安倍さん以外に総理になれる人はいないでしょ」という言葉が横行している。 そんなことを聴くと、我が家のフクロウさんは哀しくなってしまうのだ。  

      春愁ふ園児がさけぶハイルアベ   宏生

2017年4月 7日 (金)

コレハ何の花?

自慢じゃないけれど、花の名前には疎い。 手入れの悪いベランダの花壇にヒョロヒョロと咲き始めた黄色の可憐な花、雑草ではあるけれど、名前があるに違いない。 摘んでミニ花瓶に生けたら、夜は寝てしまう。 もう命は終わったのかと思いきや、夜が明けると、再び咲き始める。

R0018495
         直径2センチぐらいのプチフルール=かわいい花

R0018494
     もしかしたら、鳥の糞が媒体になったのかもしれない・・・・chick

2017年3月29日 (水)

イスタンブルが匂う ~ 『僕の違和感』 早川書房

著者のオルハン・パムクはノーベル文学賞受賞者、それゆえ日本でも翻訳本が手に入る唯一のトルコ文学者。 パムクは生粋のイスタンブルっ子で西洋の文化のなかで過ごしてきた。 本作品にはイスタンブルの街のメイン広場や路地に至るまで、イスタンブルの香り満載、馴染みの通りを地図でたどると観光とはまた違った「歩き方」ができる。

R0018493_2

時代背景は1950年代から2012年まで、主人公は地方から仕事を求めてイスタンブルへやってきた。父親とともに、一夜建ての家(Gece Kondu)に住みながら、ヨーグルトやボザの呼び売りをして糊口を凌ぐ。 いつの間にか巨大化していくイスタンブル。

旧ビザンチン帝国の文化と遊牧民文化が混合した街の喧騒と匂いが手に取るように感じられる。 イスタンブル愛好者にとってはたまらない一冊heart04

★訳者は新進気鋭の若手トルコ文学者:宮下遼氏

Photo
ボザ: Boza

Boza_satici_3 雑穀(ブルグルと呼ばれる穀物、粟や大麦など)を発酵させたものから作られる不思議な飲料ボザはシナモンやヒヨコマメの粉で飾られる黄みがかった濃度の濃い飲物。甘いような酸っぱいような何とも表現しにくい味のするボザは冷たい飲料で冬の代表的な飲物とされています。ボザは単独で飲むものであり、決して食事時に飲まれる飲料ではない。

 
ボザジと呼ばれるボザを売り歩く人が寒い冬の夜、「ボ~~~~ザ~~~~」と独特の声を張り上げ、木の樽を肩から下げて昔ながらの商法で街を練り歩く。ボザだけを売るボザ店というものや小袋入りのインスタントボザもスーパーで販売されている。 (photo by JP-TR)

ゲジェコンドゥ(gecekondu): 一夜建ての家

他人の私有地や公有地に許可を得ないまま建てられた不法建築のトルコにおける総称。一夜にして建築したかのような非常に粗末なバラックを指すものであったが、現在では建築業者が施工した鉄筋コンクリート建ての建築物もごく普通に見られる。

«3・20 代々木公園 ~ さようなら原発!  

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31